2014年05月15日

リンガル矯正 下顎大臼歯欠損症例

今回の症例は、外国の方。口元は明らかにアジア人とは違いますね。
お口の中はこのような状態です。
左下の第一大臼歯という歯が欠損しています。第二、第三大臼歯には被せもの。
上顎の犬歯は外に飛び出ていて、歯の軸も後ろに傾いています。

I will show the case of a western male this time. I am sure you will see the difference of the mouth from an oriental person. the pictures show his oral condition. The lower left first molar has been missing. The second and third molars have been treated. The upper cuspids have been out of the line.
The tooth axis has been also inclining backward.

lingual781.jpg



上顎の小臼歯を便宜抜歯して治療開始。下顎のスペースは奥歯を手前に動かして閉鎖していきます。
Treatment has been started with the upper bicuspids extracted. the lower space will be closed by moving the back tooth forward.

lingual782.jpg


リンガル矯正で、下顎の奥歯を前に移動させるというのは表側の矯正に比べて難易度↑。じっくりと動かしていきます。
動的治療の終了時。
It is much more difficult to move the lower back tooth forward in a lingual orthodontic treatment than to do it in a labial orthodontic treatment.

lingual783.jpg

歯並びが安定してきたら奥歯の被せものを入れ替えてもらいます。
(この被せものは不正咬合の状態で噛めるように作ってあるので、歯の根が正しい位置に移動した場合は、
噛み合わせが甘くなってしまいます。)
When the occlusion has been stabilized, the fillings of the back teeth will be requested to be altered. ( Since these fillings had been fitted for the oral condition before treatment, the teeth will not be properly occluded when the roots of the teeth are moved to the right position. )
posted by aizawa at 00:00 | 東京 ☀ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月11日

リンガル矯正 上下顎前突 抜歯症例 Lingual orthodontic treatment, Extraction case with upper and lower protrusion

今回の症例は、でこぼこな歯並びではなく歯並びはそろっているように見えますが、
口元の突出感が顕著な症例です。口元がリラックスしていると、唇のあいだから前歯がのぞいています。
唇を閉じようとすると、口輪筋などに強い緊張を呈し顎の部分に梅干しの種のように皺ができます。
理想は、緊張する事無くスッと自然に唇が閉じる事。
This case shows that the protrusion of the lips is severe though the teeth look regularly aligned. When the lips relax, the front teeth can be seen between the lips. When the lips are closed, orbicular muscle of mouth has a strong stress and
the mouth gets wrinkled like a pickled plum. It is ideal that the lips are naturally closed with no stress.

リンガル51.jpg
レントゲンなどの分析の結果、上下の小臼歯を便宜抜歯して治療をすることとなりました。
By the analysis of the X-ray, this case is treated with the extraction of the upper and lower bicuspids.
リンガル52.jpg
抜いたスペースを有効に閉鎖していくために、矯正用アンカースクリューも併用しています。
Orthodontic anchor screw is also used in order to close extraction space.

治療後
リンガル53.jpg
口元の突出感の改善され、機能的な噛み合わせになりました。
The protrusion of the lips has been corrected and functional occlusion has been achieved.
posted by aizawa at 08:00 | 東京 ☁ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月12日

見えない矯正 リンガル矯正症例写真 叢生症例

今回のリンガル矯正症例は、前歯の叢生(でこぼこ)と口元の突出感を主訴に来院された患者さん。

The chief complaint of this patient was crowding of anterior teeth and protrusive lips.

crowd1.jpg
治療にあたっては、写真、レントゲン写真、お口の石膏模型などを採得して診断、問題点の確認、治療計画をたてていきます。通常、矯正治療ではこのような資料は最低限確認をし、見た目だけで診断するということはありません。また、画一化した治療方針もあり得ないので患者さん一人一人にあった治療計画、そしてリンガル矯正の場合は、完全なオーダーメードの装置を作製して治療にあたります。ソフィア矯正では数種のリンガル矯正装置を使用していますが、クリニック内にいる技工士さんが製作していますので細かな調整ができ,精度も高く仕上がります。

Before treatment, photos, x-rays, and plaster models of the mouth are taken. And then, after problems are confirmed, a treatment plan is made.
It is generally crucial to confirm these records for orthodontic treatment
We never diagnose only by a look.
There is no uniformed treatment measures. We make a specified treatment plan for each patient. In case of lingual orthodontic treatment, treatment is performed by using complete made-to-order appliance. We use several kinds of lingual orthodontic appliances in our clinic. On the top of it they are produced by our dental technician and we can obtain highly accurate finished appliances.

crowd2.jpg
診断の結果、上下左右の第一小臼歯を抜歯して治療を開始しました。
前歯を後方に移動させる固定源として矯正用アンカーインプラントを使用しました。治療中は、抜歯した隙間が目立たないようにダミーの歯を接着しながら歯を動かしていきます。

The treatment was started by extracting left and right first bicuspids of both the maxilla and mandible as a result of diagnosis. Orthodontic anchor implants were used to move the anterior teeth posteriorly as an anchor. Dummies were attached to the extracted spaces for an aesthetic reason while the teeth were being moved.

crowd3.jpg
治療後。
写真は、装置を外した直後ですので、上顎口蓋にスクリューを抜いた小さな傷がありますが 数日で治癒します。

After treatment

The pictures were taken just after the braces were removed. So small scars, which were made by removing the screws, can be seen on the upper palate.
posted by aizawa at 21:33 | 東京 ☀ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

リンガル矯正 叢生 抜歯症例写真

今回の症例は、Angle II級(奥歯の噛み合せの関係を表します。I級が正常。II級が上顎が前方位。III級は下顎が前方位。)の叢生症例です。
上顎の側切歯が隠れています。また前歯の叢生だけではなく、奥歯の噛み合せもはすにズレています。

This treatment case is Angle Class Uwith crowding. This shows occlusal relationship of molars. (Angle Class Tis normal occlusion, Angle Class Uis malocclusion with the upper jaw located forward and Angle Class V is malocclusion with the lower jaw located forward.)
The upper lateral incisor is hiding. The anterior teeth are crowded and also the molars are out of alignment in occlusion.

叢生1.jpg

レントゲン、模型なその分析の結果、上顎の小臼歯を抜歯して治療することになりました。
固定源として、上顎には矯正用アンカースクリューを用いています。

As a result of analyses of x-rays and stone models, treatment was planned by extracting upper premolars. TADs are used on the upper jaw as an anchorage unit.

叢生2.jpg

治療後です。
歯並びがおちついてきたら、奥歯の被せ物の治療などをおこないます。

After treatment
When teeth alignment is settled down, treatment for molar crowns will be provided.

叢生3.jpg

その他の見えない矯正症例はこちらから
Other invisible orthodontic treatment cases can be seen here.
posted by aizawa at 21:49 | 東京 ☁ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月12日

裏側矯正 症例写真 非抜歯 Lingual orthodontics

今回の症例は、叢生の患者さん。
上下前歯に凸凹な歯並びがあります。
This time I'll show you a treatment case with crowdings.
There are crowdings on the upper and lower front teeth.
non1.jpg
分析の結果、歯を抜かない非抜歯治療でスタート。患者さんのご希望で裏側からのリンガル矯正で治療を
おこないました。
after analyzing the orthodontic records, the treatment has started with non-extraction. The patient wanted to have braces on the rear side of teeth.
non2.jpg
下の歯についている青い物は、一時的に噛み合せを高くする為の樹脂です。
前歯の噛み合せが深かったりすると、上顎の前歯裏側にリンガルブラケットが装着されると、咬み込んだ時に
下の歯が上顎のブラケットにあたってしまい、奥歯が噛めません。その状況を一時的に回避させるために
樹脂を貼付けます。
Blue things on the lower teeth are resin to raise the bite temporarily. If the bite of the front teeth is deep and the brackets are placed on the rear side of the upper front teeth, the lower teeth would touch the upper brackets in occlusion. Therefore, the back teeth cannot occlude.
The resin is used to avoid the situation.

矯正後
After treatment
non3.jpg
動的治療が終了した状態です。ここから保定装置を用いて、歯並びの安定化をはかります。
This is after active treatment. Retention appliances are used from now on in order to stabilize the occlusion.
posted by aizawa at 08:00 | 東京 ☀ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

舌側矯正(リンガル) 叢生と奥歯の不揃い

今回の症例は、前歯の叢生と、奥歯 特に左側の奥歯の噛み合せに不正があります。
通常は、上下奥歯は、咬合面(歯の切端部)同士で噛み合うのですが、この患者さんの
場合は、上の奥歯(第一小臼歯と第二大臼歯)が外側に位置していて、噛み合っていません。また長い間に噛み合っていない歯が下がってきて,歯茎に咬み込んでいます。
This is a case which has crowding in the front teeth area and malocclusion in the back teeth on the left especially. Usually, the upper and lower back teeth occlude with occlusal surface - cutting edge of the tooth. But, in this patient's case, the upper back teeth - the first bicuspid and the second molar - are placed outward, which causes malocclusion. Also, the teeth which have not occluded for a long period of time come down to the gum.

th_H1.jpg
患者さんのご希望で見えない矯正をとのことでしたので、上下裏側からのアプローチ。(フルリンガル矯正)
Appliances were placed on the rear side of the teeth by the patient's request. (full lingual treatment)
th_H2.jpg
分析・治療計画では、上顎の左右小臼歯を抜歯、下顎は右側の小臼歯を抜歯の3本抜歯でプランニングしました。
I made a treatment plan to extract upper and lower left bicuspids and lower right bicuspid before starting active treatment.

治療後
After treatment
th_H3.jpg
正中線も是正され、また口元の感じもかわりましたね。
The midline was corrected and appearance of the lips have changed better.

歯並びが落ち着いてきたら、奥歯の被せ物の治療をすすめていきます。
When the teeth alignment is settled
posted by aizawa at 20:04 | 東京 🌁 | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

成人 先天性欠損を伴った舌側(リンガル)矯正症例写真 ー非対称抜歯ーLingual orthodontics

今回の舌側矯正の患者さんは、右下の小臼歯が先天性に欠損されている方。正中線の不一致と叢生も認められます。
This is a lingual orthodontic treatment case. A bicuspid on the lower right is congenitally misssing. A midline is not aligned and crowding can be observed.
非対称1.jpg
写真、レントゲン、模型などの資料分析から、上下左右で3本の小臼歯を便宜抜歯して治療をおこなうことに決定しました。
From the analysis of orthodontic records such as photos, X-rays and stone models, I decided to start treatment with the extraction of three bicuspids for convenience sake.
通常、矯正治療で歯を抜く場合は、前から4番目の第一小臼歯を選択することが多いのですが、この患者さんは
第二小臼歯(前から5番目)の歯が治療された歯でしたので、健康な歯を残す方針で、3本とも第二小臼歯を抜きました。治療途中です。
The first bicuspids are usually extracted for orthodontic treatment. But in this case the second bicuspids were treated teeth and that's why three second bicuspids were extracted. And healthy first bicuspids were left alive. During active treatment.
非対称2.jpg
動的治療終了。歯並びが落ち着いたら、奥歯の被せ物をやり替えてさらに緊密な噛み合わせを作っていきます。After active treatment. When the occlusion has been stabilized, the crown of the back teeth
will be exchanged and more precise occlusion will be made.
非対称3.jpg
posted by aizawa at 18:16 | 東京 ☀ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月09日

リンガル矯正(舌側)症例写真 前突+叢生症例

今回の症例は、口唇の突出感と叢生を伴った成人患者さんです。
患者さんのご希望で、上下裏側からのフルリンガル矯正でスタート。
th_linguals1.jpg
分析診断の結果、上顎は第一小臼歯、下顎は第二小臼歯を抜歯しました。
通常、第一小臼歯を抜歯部位にすることが多いのですが、この患者さんの第二小臼歯には、虫歯治療の金属の詰め物がはいっていたので、健全な歯を残す為にこの歯を抜歯しました。
th_linguals2.jpg
治療後です。
th_linguals3.jpg
歯並びが安定したら、仮歯や奥歯の被せものの治療をおこないます。

その他の矯正歯科 裏側•舌側矯正はこちらから。
posted by aizawa at 20:57 | 東京 ☀ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月17日

舌側矯正治療 症例写真 上下顎前突

今回の患者さんは、歯並びには大きな叢生などはありませんが、お顔に対して歯列が前方にある
前突症例です。口元の突出感も目立ちます。
lingual 1.jpg
模型、レントゲン、写真などの資料を採り、分析、診断をおこないます。
診断の結果、上下左右の小臼歯を抜歯して、治療をおこなうことにしました。
lingual2.jpg
患者さんのご希望で、上下歯の裏側に装置をつけるフルリンガル矯正を選択です。(表側の装置、ハーフリンガル、フルリンガルは患者さんに選択していただいています。)
治療後
lingual3.jpg
前歯を積極的に後退させる方針でしたので、矯正用アンカーインプラントを併用して治療をおこないました。
その他の矯正症例写真はこちらから。
posted by aizawa at 11:08 | 東京 ☀ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月07日

裏側からの矯正(リンガル矯正)症例写真  上顎抜歯症例

この症例は、前歯の叢生と、上下奥歯の前後的な噛み合わせにズレなどがある患者さんです。
This is a case which has a crowding of anterior teeth.
And upper and lower posterio teeth are not properly occluded anteriorly and posterioly.
4-1.jpg

治療に際し、レントゲン撮影、写真撮影、模型の作成をおこない、診査•診断•治療計画の立案を行ないます。
In advance of treatment, detailed examination will be needed such as x-rays, pictures, and stone models. Then diagnosis and treatment plan will be mode.

お口の中をみただけで、診断を下すのは危険です。体調を崩したときに病院に行けば、診査をしてもらって
適切なお薬や、治療の開始になるのと同じで、不正咬合も同じです。
It is dangerous to make a diagnosis just by seeing your teeth.
You will see a doctor and have examination when you sick and you will get medicine or get treatment started.
Malocclusion is similar to it.

4-2.jpg
治療途中。治療方針としては、上顎のみ小臼歯の抜歯としました。患者さんのご希望で、上下裏側からの矯正でスタートです。
This is in the middle of treatment.
As for treatment method, only upper premolars are to be extracted.
Treatment was started with upper and lower lingual appliances by request.
4-3.jpg

治療後。装置を外して1年後の状態です。ブラケットを外した後には後戻りを防ぐためにリテーナーという取り外し式の装置を用いて安定を図ります。
This is 1 year after removing braces.
After removing braces, in order to prevent teeth teeth going back to their original position, the removable appliance called "retaier" is used to stabilize the teeth.
posted by aizawa at 12:37 | 東京 ☀ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

リンガル(舌側矯正)症例 叢生+前突

今回紹介の症例は、前歯に叢生と口元の突出感を主訴にいらした患者さんです。
ss1.jpg
診断の結果、上下の小臼歯を便宜抜歯して治療をおこなうことにしました。
ss2.jpg
裏側からの矯正の場合は、前歯に隙間がでてこないように工夫しながら、犬歯〜犬歯の6本の歯を
ひとつのユニットとして後退させていきます。
後方の固定源として、矯正用アンカースクリューを使いました。
治療後
ss3.jpg
矯正前後の歯の位置の比較でみていただければわかるように、固定源を奥歯からではなく、アンカースクリューから得る事によって、上顎の奥歯の位置はほとんど変化がなく、前歯が抜歯したスペースに移動したことがわかります。
もちろん、すべての症例にアンカースクリューが必要という事ではなく、不正咬合の状態にあわせて
治療計画を立案し、使用する装置も変えていきます。歯並びが皆さん違うわけですから、画一化した治療ということはありえません。
posted by aizawa at 22:02 | 東京 ☀ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月02日

舌側矯正 ハーフリンガル症例 先天性欠損

今回の症例は、上顎前歯の先天性欠損を伴った叢生症例です。
上顎右側の二番目の歯が欠損していることにより、顔の正中に対して、上顎の前歯が右側に流れています。
ya1.jpg
犬歯を側切歯の代わりに配列をおこないます。上顎は左側の小臼歯を、下顎は左右の小臼歯を便宜抜歯しました。
表側の矯正の場合には、このような非対称な歯の種類でもワイヤーの形態には大きな違いはありませんが、リンガル矯正の場合には、通常のアーチフォームとは異なります。
ya2.jpg
下顎は、表側からのアプローチ。いわゆるハーフリンガルで治療です。
治療後
ya3.jpg
保定が落ちついてきたら、右上の犬歯の形態を修正して、より自然な歯並びにしていきます。
その他のリンガル矯正症例はこちらから。
posted by aizawa at 22:57 | 東京 ☔ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月14日

リンガル矯正 叢生 抜歯症例

今回の裏側矯正症例は、上下前歯に凸凹のある叢生症例。前歯だけではなく、奥歯の上下的な噛み合わせにも
ズレが認められます。
thHA1.jpg
分析、診断の結果、上下左右の小臼歯を4本抜きました。
thHA2.jpg
リンガル矯正の装置もいろいろ出てきました。今回使用している装置は、STbをベースに選択しましたが、症例に応じて(歯の形態、移動様式など)によって使い分けていきます。
th_HA3.jpg
矯正後。これから保定期間移行します。
posted by aizawa at 19:40 | 東京 ☀ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

ハーフリンガル症例 非抜歯治療

今回の患者さんはハーフリンガル症例。初診時はまだ乳歯と永久歯が混在している状態でした。
This is a case treated by half lingual appliance.
At the initial visit, primary teeth and permanent teeth were mixed in the dentition.

Z1.jpg
歯並びは、上顎正中に隙間のある正中離開。乳歯〜永久歯混在時における正中離開は自然に閉鎖する事もあるので
側方の永久歯萌出状態の経過を診ていくことがあります。この患者さんの場合は、上顎側切歯が矮小歯ということで、スペースの閉鎖と噛み合わせの修正にあたり治療開始。
Diastema, which can be seen a gap at anterior teeth .
Since diastema tends to close naturally during mixed dentition term, how permanent molars' eruption goes follow-up
In this case, dwarf tooth is observed at maxillary lateral incosor so treatment started for space closure and correction of occlusion.

Z2.jpg
順次生えてきた犬歯もねじれて出てきました。
Cuspid was erupted crookedly.

治療後
This is after the treatment.
Z3.jpg
その他の裏側矯正は、こちらから↓
Please refer to website below for other lingual treatment cases.
http://sophia-blog.seesaa.net/category/5065020-1.html
posted by aizawa at 10:32 | 東京 ☁ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月04日

リンガル矯正(舌側)症例ー非抜歯治療 Lingual Orthodontics-Non extraction case

今回の患者さんは、外国の方です。
前歯の叢生症例ですが、歯の生えている角度にも問題があります。上の前歯が内側に生えています。
また、咬み込んだ時に下の前歯の大半が隠れてしまうディープバイト症例。歯茎の退縮にも問題がありますね。
th_wi22.001.jpg

This is a non-Japanese case.
Crowding of front teeth can be seen and angles of teeth is also the issue.
It seems upper front teeth are inclined toward inside.
Additionally, deep bite, which is the upper front teeth almost completely overlap the lower front teeth is observed. Gingival recession is the issue as well.

リンガル矯正をご希望でしたので、治療にあたり、下顎から装置をつけてスタートです。
噛み合わせが深い方のリンガル治療では、上の歯の裏側に装置をつけた場合、下の前歯が上の装置にぶつかり、奥歯がすいてしまいます。過度に噛み合せを上げると(一時的に奥歯に樹脂を盛って咬合挙上を行ないます)
咬みにくさなど問題が出やすくなります。このような症例の場合は、下顎からスタートして、下の前歯の位置を修正した後に上顎へアプローチしていきます。
th_wi22.002.jpg

Lingual orthodontic treatment is requested by the patient, started with the lower braces first.
As for overbite treatment, by putting the lingual braces on the upper teeth, the lower front teeth contact with the upper braces
Too much bite raising ( Plastic resin is bonded in order to raise bite at posterior molars temporary.) may cause the bite problems.
In case like this, braces should be placed the lower first, then go on to the upper braces after correction of position of the front teeth.

矯正後の噛み合わせ。
Occlusion of after treatment
th_wi22.003.jpg

後戻り防止のために、歯の裏側をワイヤーで固定して経過をみていきます。
In order to prevent a relapse, follow the progress by using a thin wire that is properly adapted and bonded to the back of front teeth.
posted by aizawa at 20:16 | 東京 ☀ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月02日

リンガル矯正 下顎欠損+オープンバイト 症例写真

初診時の状態です。
nek1.jpg
下顎の前歯が、2本欠損していて前歯が開咬となり、上下の奥歯の関係がClass III級という状態になっています。

診断結果から、上顎の左右第二小臼歯を抜歯して噛み合わせを整えることとしました。
見えない矯正をご希望でしたので、裏側矯正リンガルブラケットで治療開始。
nek2.jpg
抜歯スペースの閉鎖には、矯正用のミニインプラントを使用していきました。

治療後です。
nek3.jpg
噛み合わせも整い、口元の感じも変わりました。
現在、保定観察中ですが、宮城県から通院していただいてます。遠方からの通院は大変なのに感謝です。

posted by Sophia at 10:53 | 東京 🌁 | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月12日

リンガル矯正症例写真 欠損歯と叢生 Lingual orthodontics

今回の症例は、いわゆる叢生症例です。しかし、右下の第一小臼歯が欠損でブリッジがはいっていり左下の犬歯が欠損、上顎の前歯の位置が顔に対して右側にすれています。映像にでられるかたなので、裏側からのリンガル矯正をご希望されて来院されました。
成人矯正の場合は、欠損歯があって被せ物の治療(補綴治療)がされている場合が多いです。全てがご自分の歯がある場合とは
矯正治療計画も変わってきます。
tat1.jpg
上顎は、左右の小臼歯を、下顎歯、ブリッジのダミーを除去して、治療開始いたしました。
tat2.jpg
矯正後です。左下は犬歯のかわりに小臼歯を犬歯のかわりに並べていきました。保定段階がもう少しおちついたら、右下の仮歯を治していきたいと思います。
tat3.jpg
posted by Sophia at 16:28 | 東京 ☀ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

上顎前突、叢生、ディープバイトのリンガル矯正症例写真

今回の症例写真は、いろんな不正咬合の要素?がいりまじっています。
先ず、唇が自然に閉じれない上顎前突、でこぼこな歯並び、咬み込んだ時に、下の歯が見えないくらいのディープバイト、さらには
上顎臼歯が外側にズレてしまったクロスバイト、、、細かいところをみていくとまだまだあるんですが。
th_スライド1.jpg
診査の結果、上下の小臼歯を抜歯して治す事になりました。三本は第一小臼歯、右下だけ第二小臼歯の便宜抜歯です。
th_スライド2.jpg
治療途中。上顎には、矯正用のアンカーインプラントを使用して、できるだけ前歯の後退を図り、口唇の突出感の改善をおこないます。
th_スライド3.jpg
治療後です。
装置が外れたからといって、矯正治療は終わりではありません。綺麗になった歯並びを維持していくには、このあとの保定期間が大変重要なんです。
posted by Sophia at 00:00 | 東京 ☀ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

上下リンガル矯正 下顎の前歯の先天性欠損

下顎の前歯永久歯が先天的に欠損している患者さんです。永久歯の先天性欠損は、下顎の前歯、小臼歯が好発部位といわれています。
患者さんのご希望により、上下裏側矯正で治療開始。
矯正前の歯並び。
th_ta1.jpg
 上の前歯に叢生と、上下の歯の数が違うことにより、前突感が認められます。

治療にあたり、上顎の小臼歯を抜歯しました。
th_ta2.jpg
前歯の後方への移動の為に、矯正用ミニインプラントを使用しました。

治療後の歯並びです。th_ta3.jpg

下顎の先天性欠損が二本あり、上顎の歯も二本抜いての治療です(結果として、上下で計4本の抜歯に相当するわけですが)
通常の上下顎の抜歯では、上下左右の小臼歯を選択して抜きます。この場合、歯の大きさ、形態も類似した歯なので、噛み合わせを作る
時にも緊密な咬合を達成しやすい訳ですが、今回のように種類の違う歯の抜歯となると、上下の歯列の長さが異なったり、噛み合わせを作る時に不安定な歯並びになりやすいです。このような条件での矯正には、ちょっとした工夫も必要になります。
posted by Sophia at 22:55 | 東京 ☔ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月06日

リンガル矯正 後戻り症例

今回の症例写真は、過去に矯正治療を経験された方の症例です。
前歯に叢生、上下の正中線にズレと前歯が先端どうしであたる切端咬合になっています。
i11.jpg
見えない矯正をご希望でしたので、リンガル矯正で治療を開始しました。
奥歯がポーセレンの被せものがはいっていましたので、ブラケット接着には一工夫。
矯正治療では、このような場合バンドという金属性のリングをはめることが多いですが、リンガル矯正では金属色が見えて
しまうので、極力使わないで治療します。
i12.jpg
治療後の状態です。
今度は、後戻りを起こさないように,歯並びが安定するまでしっかりと保定をしていきます。
i13.jpg
posted by Sophia at 12:10 | 東京 ☀ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
クリックしていただけると大変喜びます にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ