2017年08月12日

リンガル矯正治療 叢生症例 抜歯治療

今回の症例は、前歯に凸凹(叢生)が認められます。上下の正中線の不一致と左上犬歯(仮歯が入っています)は異常で
いわゆる八重歯の状態を被せものでカムフラージュしてある状態でした。
This is a treatment case with crowding on the anterior area. The upper and lower midlines are not aligned and the upper left cuspid is unusual - a temporary crown is placed. In short, it is camouflaged by placing a crown to show it like a double tooth.

叢生5.001.jpg
レントゲン、写真、模型からの診査・診断により、便宜抜歯をおこない、噛み合わせを整えていくことにしました。
As a result of diagnosis by analyzing x-rays, pictures and stone models, some teeth are conveniently extracted to correct teeth alignment and obtain proper occlusion.
叢生5.002.jpg
矯正装置は、患者さんのご希望で裏側からのリンガル矯正治療で治療致しました。
By the request of the patient, brackets were placed on the back of the teeth - lingual orthodontic treatment.

治療後になります。 After treatment
犬歯の仮歯は、保定中に作り直していきます。
The crown of the cuspid will be replaced by the new one during the retention period.
叢生5.003.jpg
矯正前と後での 口元の突出感も変わりました。
今回の症例も、非抜歯で配列することは可能ですが、噛み合わせの長期安定性と口唇の状態、顎骨のボリュームから
抜歯による治療計画を立てました。
Protrusion of the lips has been changed better if it is compared before and after treatment.
It would have been possible to treat this case without extraction but I made a treatment plan with extraction by considering stability of occlusion in a long period, the condition of the lips and the volume of the jaw bone.
posted by aizawa at 12:52 | 東京 ☁ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

側切歯の先天性欠損を伴った症例。リンガル矯正治療症例

今回の症例は、上顎の側切歯が先天性に欠損しており、前歯には叢生も認められます。
治療後には、噛み合わせのバランスをとるために、上顎左側の犬歯を側切歯の位置に配列し噛み合わせを
整えていきます。
矯正歯科治療は、歯並びの見た目だけを改善するのではなく、顎の機能に調和のとれた噛み合わせを再構築していくのが一番の目的です。
機能を改善していくと 審美性も整ってきます。
This is a treatment case in which the upper lateral incisor is congenitally defected. There is also a crowding in the anterior area. In order to keep balance after treatment, the teeth are aligned by moving the upper left cuspid to the position of the lateral incisor.
HA.001.jpg
治療途中です。徐々に歯並びが整ってきました。
装置患者さんのご希望で見えない矯正 リンガル矯正を選択いたしました。
During treatment Gradually the teeth have been aligned better.
HA.0022.jpg
側切歯と犬歯は歯の形が違うので(正面観、幅、厚み)形態を修正しながら動かしていきます。
As the tooth form - the front view, width and thickness - of the lateral incisor differs from the form of the cuspid, the teeth are moved modifying their forms.
HA.0032.jpg
本来、犬歯は噛み合わせにKeyになる歯なので、あるべき位置にあって欲しいのですが、今回の症例のように
前歯が欠損している場合は、犬歯を側切歯の位置に、第一小臼歯を犬歯の代わりに並べていくこともあります。
見た目だけの治療を希望される患者さんもいらっしゃいますが、見た目を主に追求していくと より噛みにくくなったり 咀嚼機能が低下することもあり得ます。
患者さん 1人1人にあった 治療法をプランニングする事によって、機能と審美を併せ持った噛み合わせ治療ゴールになります。
The cuspid is originally the key tooth for occlusion and it should be positioned where it ought to be. However, like today's case, if the front tooth is missing, we occasionally move the cuspid to the position of the lateral tooth and the first bicuspid to the position of the cuspid.
posted by aizawa at 19:11 | 東京 ☀ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

臼歯のクロスバイトと叢生の舌側矯正治療例

今回の症例は、噛み合わせた時に奥歯(第一大臼歯)がクロスバイトと前歯に著しい叢生が認められる症例です。
前歯部分では正中線の不一致や上顎の側切歯が奥に生えていて、全く見えない状態です。
This case shows crossbite of the first molars at the time of occlusion and severe crowding in the anterior area.

セファロX線撮影、模型などの資料から診断して、非抜歯での機能的な噛み合わせは不可能と判断し、
前歯の配列の場所を確保するために便宜抜歯をしました。
After analyzing the records like cephalometrics and stone models, we judged it impossible to obtain functional occlusion without tooth extraction. And in order to obtain space to align the anterior teeth, we extracted teeth for the convenient sake.
叢生抜歯.001.jpg
治療途中の写真になります。抜歯部位には、仮歯を貼り付けて治療中に目立たないようにしていきます。
この患者さんはステージにたつ事が多い事もあり、下顎の隙間にも仮歯を付けていました。
(通常は、上顎だけの仮歯でも目立たないと思います)
Here are the photos during active treatment. In order not to be noticed by others, temporary teeth were placed on the extracted area during active treatment. Since this patient stands on the stage, temporary teeth were placed even on the mandible. (temporary teeth are usually placed only on the maxilla.)

叢生抜歯.002.jpg
治療後の状態です。
After active treatment
叢生抜歯.003.jpg
ここからは保定期間に移行しリテーナーを使用して噛み合わせを維持させていきます。
Now we are going to the retention stage using retainers and in order to maintain occlusion.

その他のリンガル矯正治療例はこちらから。
posted by aizawa at 00:00 | 東京 ☀ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

矮小歯  リンガル矯正症例 非抜歯症例

今回の症例は、上顎の側切歯が形態的に小さい矮小歯を伴った、叢生・過蓋咬合症例です。
歯の大きさにイレギュラーのある場合は、そのままの歯(形態)で矯正を仕上げていく場合と、矯正後に
形態を修正していく(補綴治療前提)方法に分けられます。
This is a deep over bite case with crowding accompanied by upper lateral incisors which are structurally small - microtooth.
If a tooth size is irregular, there are two cases. One is to finish treatment with the teeth forms as they are. Another is to correct the teeth forms after orthodontic treatment - Assuming prosthetic treatment.
理想的には、歯の大きさは揃っている(上下、左右的に)と理想的な噛み合わせを獲得できますが、
大きさが違う歯の場合は、噛み合わせの中で補正しながらの仕上げになります。
Ideally, when the size of all the teeth(upper & lower and left & right) is regular, ideal dental occlusion can be acquired.
歯の数が違う場合も然り、、、。条件が変われば、道筋や仕上がりも変わることがあります。
機能的な咬合はクリアしなければならない中で、どこを補正していくか、、、。そこが治療計画になっていきます。。
The number of teeth may be irregular. If a condition changes, a method and a finish may also change. Functional occlusion should be definitely obtained, and moreover where should be corrected???? That is a treatment plan.
OSA.001.jpg
治療計画では、非抜歯と、矮小歯に関しては矯正後に形態修正をおこうことでスタート。
In this case, we have made a treatment plan in which there would be no tooth extraction and the microteeth would be corrected after orthodontic treatment.
OSA1.002.jpg
治療中は、矮小歯の両サイドにスペースを作っていくので、見た目が隙間の歯並びになってしまいます。
前歯で隙間があると治療中も目立ってしまうので、レジンでカムフラージュしていきます。
As space is made on both sides of the microtooth during treatment, it becomes the alignment of teeth with the gap visually. Gap on the front teeth is conspicuous even during treatment, so resin is used to disguise it.

OSA.003.jpg
歯並びが落ち着いてきたら、ラミネートベニアでの修復をしていく予定です。
When the teeth alignment becomes stable, correction with laminating resin will be scheduled.
posted by aizawa at 11:26 | 東京 ☀ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

叢生と前突のリンガル症例。ハーフリンガル治療。

今回の症例は、前歯の突出感と叢生の患者さんです。
In this treatment case, anterior teeth look protruding and crowding can be seen.
みき.001.jpg
歯列の形態にも問題があります。
診断の結果、便宜抜歯での矯正開始となりました。
The form of teeth alignment is also irregular.
as a result of diagnosis, treatment has started by extracting some teeth.
みき.002.jpg
使用する装置は、上顎は裏側のリンガル矯正、下顎は表側のラビアル矯正。いわゆるハーフリンガル治療です。
Braces were placed on the back side of upper teeth and the front side of lower teeth. which is called Half Lingual treatment.
装置の選択は、患者さんに決定していただくので、この症例は表側やハーフリンガルじゃないと治せない、、ということはないんです。表側も裏側のブラケットも装置、、道具ですから、それを使いこなすかどうかが問題。
裏側、表側それぞれの動き方の違いを味方につけて治療計画と作っていきます。
What kind of braces will be used? That's a patient's choice. In this case the braces should be placed on the front side of teeth, and that case should be treated with a half lingual method. It is not true. Brackets on the front and the back of the teeth are appliances which are tools. The question is how you manage to use them.
みき.003.jpg
治療後です。

歯並びと口唇の感じが変わりましたね。
これからは保定装置を使って機能的な歯並びを維持していきます。
posted by aizawa at 10:28 | 東京 ☀ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

再矯正のリンガル矯正治療

今回の症例は、他院にて以前 矯正治療をされた患者さんです。便宜抜歯を4本されて治療を終わられてからの後戻り症例、、、、、。
I'll show you a treatment case that a patient had orthodontic treatment before in other doctor's office. 4 teeth were extracted for this case and this is also a relapse case.
奥.001 のコピー.jpg
動的治療後の保定が重要なのがわかりますね。
I think you understand how important the retention period is after active treatment,
奥.002 のコピー.jpg
動的治療中です。
During active treatment

リンガル矯正の治療例はこちらから。
You can see lingual treatment cases:

奥.003 のコピー.jpg
咬合の安定性を配慮し、噛み合わせを再構築していきます。もちろん患者さん自身による保定装置の使用も大変重要ですよ!!
Considering the stability of occlusion, we will reconstruct it. It is very important for a patient
to keep wearing retention appliances.
posted by aizawa at 23:01 | 東京 ☀ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

舌側(リンガル)矯正治療例 上下顎前突症例

今回の症例は、前歯に叢生と口元の突出感を主訴に来院された患者さんです。
This is a treatment case that a patient's main complaint is anterior teeth crowding and a sense of lip protrusion.
K2.001.jpg模型、レントゲン、写真からの診査診断から抜歯をしながらの治療となり、希望により上下リンガル矯正装置での治療と
なりました。
From the diagnosis of orthodontic records (stone models, X-rays and pictures), treatment started with teeth extraction. Braces were placed on the back of the teeth by the request of the patient.
治療途中です。
In the middle of treatment
K2.002.jpg
歯の表側にはエラスティックをかけるために小さなボタンを接着しています。
Small buttons are adhered on the surface of the teeth in order to hook elastics.

治療後の写真。
Pictures after treatment
K2.003.jpg
この写真では治療後一年が経過しています。
A year has passed after treatment.

下の前歯の裏側には後戻り防止のためにワイヤーで固定しています。
Wire is fixed on the back of lower anterior teeth to prevent relapse.
posted by aizawa at 12:50 | 東京 ☀ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

リンガル矯正症例 上下顎前突症例

今回の症例は、顔貌に対して口元の突出感が強い上下顎前突の症例になります。
審美線(イーライン)に対して上下の唇が前にあります。
矯正前の歯並びでは、上下前歯が前方に傾斜しOpen Bite傾向もあります。
This is a treatment case of upper and lower protrusion with a strong projecting feeling of the lips. The upper and lower lips are located in front of the esthetic line (E-line).
Before treatment, the upper and lower front teeth are slanted forward and there is a tendency of open bite.
前突リンガル.001.jpg
診断の結果、上下の小臼歯を抜歯して前歯を後退させる隙間を獲得して治療を開始しました。
前歯を後方に押す力は通常は奥歯を固定源として力を得ますが、今回の症例では奥歯の位置は現状を維持したいので固定源として矯正用アンカースクリューを使用して前歯を後退させていきました。
As a result of diagnosis, we started treatment with the extraction of upper and lower bicuspids for space to move the front teeth backward. In order to move the front teeth backward, we usually get force with the back teeth as an anchor, but this time, since we wanted to keep the position of the back teeth, we moved the front teeth backward using orthodontic anchor screws as an anchor.
前突リンガル.002.jpg
治療後です。
After treatment
前突リンガル.003.jpg
口唇の感じも変わりましたね。
Don't you think the feeling of lips have changed?
posted by aizawa at 13:11 | 東京 ☁ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

矮小歯•叢生を伴った前歯open bite リンガル矯正症例

今回のリンガル矯正の症例写真は、前歯に叢生と開咬の症例です。そして、側切歯(真ん中から二番目の歯)
は通常の大きさよりも形態が小さい矮小歯になっています。
矯正前の状態です。
Let me show you a lingual orthodontic treatment case with anterior crowding and open-bite.
It's lateral incisor (the second tooth from the center) is smaller than it's normal size, which is called microtooth.
Here are the pictures before treatment.

open.001.jpg
口唇の突出感と叢生、歯並びの状態をレントゲン、模型、写真の診査診断から抜歯をおこなっての治療となりました。
X-rays, stone models and pictures are taken to examine how much the lip is protruded and what the condition of the crowding or misalignment is. Treatment has started after tooth extraction.

open.002.jpg
上下第二小臼歯の便宜抜歯をおこなっています。
the second bicuspids of the upper and lower jaws are extracted.

open.003.jpg
治療後です。二番目の歯は形態的にイレギュラーなので、この部位は矯正後にはラミネートベニヤ他の補綴治療を予定しています。動的治療が終わった時には隙間があります。この歯を噛ませていくと、歯茎のラインの不調和が生じてしまうので、この症例のように歯冠形態の修正を前提とした矯正治療の場合は、歯頚ラインを基準に整えていきます。とは言え、隙間が、、、とならないよう仮の白い樹脂を盛ってカムフラージュしておきます。
上下左右の親知らずも噛み合わせが整いました。
歯並びがもう少し落ち着いたら補綴治療をおこなっていきます。
Here are the pictures after treatment. Since the second tooth is topologically irregular, for this tooth prosthetic treatment is followed by using laminates and veneers. There is space after active treatment. If the occlusion is made with this tooth, disharmony occurs on the gum line. In this treatment case such as the correction of the tooth contour is planned, alignment should be fixed based on the gum line. For the time being, the space is disguised using temporary white resin.
Upper and lower wisdom teeth are also occluded.
When the occlusion becomes more stabilized, prosthetic treatment will be undertaken.
posted by aizawa at 00:00 | 東京 ☀ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

顔の正中に対して、上顎前歯が右にズレている、、、舌側矯正症例写真

今回の症例は、、、顔の真ん中に対して上顎の歯並びが右側にズレていてスマイルラインもきれいに出ず、叢生も認められる症例です。
This is a lingual orthodontic treatment case with crowdings in which upper teeth have been misaligned to the right from the facial center line. Therefore, a smile line does not appear neatly.
001.jpg
レントゲン、模型などの資料から診断して、左側の小臼歯のみ便宜抜歯して配列をおこなう事としました。
治療途中の写真です。上顎は矯正用アンカースクリューを固定源として前歯を牽引していきました。
患者さんのご希望で、上下裏側からのアプローチ、フルリンガル矯正で治療開始です。
After analyzing the records like X-rays, stone models and so on, we made a treatment plan to extract left bicuspids only. Here are some treatment pictures on the way. We pulled back the upper front teeth using orthodontic anchor screw as an anchorage unit. This patient wanted lingual orthodontic treatment for both upper and lower jaws.
002.jpg
治療後の歯並びです。
Teeth alignment after treatment
003.jpg
動的治療後は保定装置を用いて歯並びの安定を図ります。
矯正治療は、ブラケットの治療に重点をおきがちですが、保定期間も大変重要です。
ソフィア矯正歯科には、保定終了をなっても定期的に来院してクリーニングや噛み合わせチェックで通ってくださる患者さんが沢山いらっしゃります。
歯科医院は、歯が痛くなってから行く場所ではなく、日頃のメインテナンスを継続し小さなマイナスのサインをいち早く見つけ出し、大事に至る前に治療し予防する、、、そんな関係が望ましいと思います。
After active treatment, we make an effort for the stability of the teeth using retention appliances. We are apt to put importance for bracket treatment, but a retention stage is also very important. In Sophia Orthodontic Clinic we have many patients who make a regular visit for cleaning teeth and checking teeth alignment after the retention period. A dental clinic is not a place to visit after having a painful tooth, but a place to check the teeth regularly and find something wrong at the earliest stage, and give a care before getting out of control and prevent it. This is an ideal relationship between a patient and a dental clinic!
posted by aizawa at 17:31 | 東京 ☀ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

見えない矯正 裏側矯正治療症例 非抜歯症例写真

今回の症例は叢生(歯が凸凹な状態)の歯並びのケースです。
Orthodontic treatment case this time is the one of crowded teeth.
矯正治療では、見た感じで治療計画がイメージできる場合がありますが、必ずレントゲン写真で顎の位置、大きさ、歯の生えている位置角度、歯根の状態などをチェックします。写真や模型も必須です。
Among orthodontic treatment cases, there might be some cases for which it seems we can make treatment plan without records. However, I unquestionably take X-rays to see the location and size of the jaw, the location and angle ofthe teeth, and the root condition of the teeth. Facial and oral photos, and stone models are also essential.
治療にあたっては非抜歯で治療をおこなうことにしました。
Treatment had been planned to undergo with non extraction.
上顎の前歯の形態からブラックトライアングルという歯と歯の間に小さな隙間が生じやすい形態と歯茎の薄さです、、、。
According to the form of upper anterior teeth, it tends to have small space between teeth and thin gums, which is called Black Triangle.
西52.001.jpg
上下顎に順次リンガルブラケットを装着していきました。
Brackets had been placed lingually in order for the upper and lower teeth.
西52.002.jpg
凸凹の歯並びを単純に非抜歯で配列すると、前歯はより前方に移動・傾斜を呈してしまうので奥歯のコントロールも大切です。
If crowded teeth are simply aligned, the anterior teeth move forward and show inclination. Therefore, it is very important to control the back teeth.
西52.003.jpg
治療後です。前歯の傾斜もコントロールでき機能的、審美的な歯並びになりました。
This shows after treatment. The inclination of the anterior teeth had been controlled, and functional and aesthetical teeth alignment had been obtained.
その他の舌側矯正治療症例はこちらです。
posted by aizawa at 16:39 | 東京 ☀ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

過去に上顎だけ矯正治療をされた方の再矯正治療 Retreatment - initial orthodontic treatment was done only with the maxilla in the past

こちらの患者さんは、以前上顎の歯を抜いて矯正治療をされた既往があります。
当院における初診時の状態では、下顎前歯に叢生、奥歯のクロスバイト、口元では下唇が前方にあり、リラックス時には、上下の口唇があいてしまう状態でした。
This patient has received orthodontic treatment with the teeth extraction of the maxilla before.
At the initial visit to our clinic, the mandibular teeth were crowded, the posterior teeth were overbite and the lower lip was located froward. At the time of relaxation, the upper and lower lips were apart.
こ.001.jpg
診断の結果、下顎の小臼歯を便宜抜歯し、大臼歯の上下関係、前歯の噛み合わせを整えるために全顎矯正をおこないました。
At the result of diagnosis, the lower bicuspids were extracted and the whole orthodontic treatment was done in order to correct the relationship of the upper and lower molars, and the anterior occlusion.
治療途中
During the treatment
こ.002.jpg
保定中の写真
Photos at the retention period
こ.003.jpg
下顎前歯は後戻りの防止の為にワイヤーで固定しています。
矯正後の口唇のバランスも整いました。
The mandibular anterior teeth are fixed with wire to prevent relapse.
The upper and lower lips are well balanced after treatment.
posted by aizawa at 00:00 | 東京 ☁ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月05日

見えない矯正治療 症例写真

今回の症例は、歯並びには凸凹も少なく、どこを矯正治療?と思われるかもしれませんが、
お顔、顎に対して前歯の生えている位置•角度に問題があります。一見噛み合っているように見えますが
人間の噛み合わせは、模型と違い、いろいろな方向へ動きます。上下の動きはイメージしやすいですが、
下顎は前、横、後ろと動き、咀嚼する中でいろんな方向へ動いています。
The teeth of this patient appear to be well aligned. You may think "What is the problem?" The problem exitsts in the position and angle of the front teeth to the face and jaw. The upper and lower teeth appear to occlude properly, but human occlusion is unlike a model. It moves to various directions. It is easy to image an up-and-down sequence of motion. But, the lower jaw moves from front to back and from side to side during mastication.
米.001.jpg
診査(模型、写真、セファロレントゲン)の分析から、理想的な前歯の位置•角度へ治療するためには
便宜抜歯が必要となりました。通常、上下顎前突という症例の場合は、前から4番目の歯を抜く事が多いのですが、こちらの患者さんの下顎の第二小臼歯は神経の無い治療済みの歯でしたので、健全歯を残す為に
上顎は4番目、下顎は左右とも5番目の小臼歯を選択いたしました。
According to the analysis of the records (stone models, photos and cephalometrics) it was found that teeth extraction would be necessary to correct the position and angle of the front teeth. For the treatment case of the upper and lower protrusion, we useually extract the four teeth (the forth tooth from the front). But this patient had the lower second bicuspid which had been treated without nerve because of a cavity. In order to leave the healthy teeth the first bicuspids on the maxilla and the second bicuspids on the mandile were chosen to be extracted.
米.002.jpg
治療後の状態です。
米.003.jpg
前歯の角度も、診断時に予定した位置に修正できました。リンガル矯正では、思いのほか内側に倒れ込む場合があるので、歯の位置の是正という事だけでなく、歯軸のコントロールの仕方がメリットであり、かつデメリットでもある矯正治療法です。
The angle of the front teeth had been corrected as planned at the time of diagnosis. In the case of the lingual orthodontic treatment the teeth unexpectedly tend to incline lingually. So this treatment can be a merit as well as a demerit depending on how an orthodontist can correct not only the position of the teeth but the axis.
その他の見えない歯の矯正治療症例写真はこちらから。
posted by aizawa at 08:00 | 東京 ☁ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月09日

裏側矯正治療 症例写真 上下顎前突

今回の患者さんは、歯並びは一見大きな問題はなさそうですが、お顔に対して前突が強い事を主訴に来院されました。リラックスした状態ですと、上下も唇が開き、口唇の間から歯が見えてしまう状態です。
使用した装置は、患者さんの希望で上下リンガル装置を使用です。
It looks like the patient does not have any problem on her teeth alignment. But she visited our clinic with a chief complaint of upper & lower protrusion. The upper & lower lips are open and the teeth can be seen between the lips in a relaxed state.
Lingual appliances were used for both the upper and lower as requested by the patient.
バイマキリンガル1.001.jpg
レントゲン(セファロ写真)や模型診断から抜歯をおこない治療することとなりました。
歯の矯正をおこなう場合で抜歯をする場合は、まえから4番目の第一小臼歯を選択する事が多いです。この歯の大きさは約8.5mm。
この隙間を使って、前歯を機能的であり審美的な位置に動かしていきます。
もちろん症例によって最適な抜歯部位を決定していかねばなりません。
前歯を後ろに入れすぎると、口元が寂しくなったりするので、口唇の張りのバランスを考えて動かします。
As a result of diagnosing the records - X-rays (cephalometics) and stone models, the treatment started with the extraction of teeth. In an extraction case, we usually extract the first bicuspids. The size of the first bicuspid is 8.5mm. Using the spaces made by extracting the first bicuspids, we move the anterior teeth to where their function optimally and are also aesthetically pleasing. If the anterior teeth moved backwards too much, the appearance of lips might look
oldish. We always consider the balance of the face and lips when we move the teeth.
バイマキリンガル1.002.jpg

治療後です。
バイマキリンガル1.003.jpg
顎の機能に調和のとれた噛み合わせを獲得できました。
We could obtain functionally balanced occlusion.

その他のリンガル矯正症例はこちら
Click here for other lingual treatment cases.
posted by aizawa at 00:00 | 東京 ☁ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月01日

上顎正中線の不一致と叢生のリンガル矯正症例

今回のリンガル矯正症例写真は、上顎の中切歯の正中線は顔に対して右側にずれています。犬歯の叢生もあります。

The photos of this lingual treatment case show that a midline of the upper central incisors is out of alignment to the right, and the cuspid area is crowded.

TMa2.001.jpg
セファロ写真、模型などの資料から診査、診断の結果は、上顎犬歯を機能的•審美的な配列にするには
歯列の中にスペースがたりません。歯列の拡大にも限界がありますので、小臼歯の便宜抜歯を計画しました。
八重歯の犬歯と、正中線の修正には右側の第一小臼歯を抜歯すれは治療効率はいいのですが、この歯の奥に第二小臼歯は神経を抜いてある失活歯でしたので、この歯を抜歯としました。健康な歯を残すべくの選択です。

From the result of examination (cephalometrics, photos, stone models), it was found that oral arch space was not enough to align the upper cuspid functionally and aesthetically. Since there is a limit to expand the arch, it was planned to extract bicuspids for convenience.

To correct the cuspid of a double tooth and the midline, extraction of the right first bicuspid might be effective treatment, but the second bicuspid is a nonvital tooth which the nerve was removed from. That's why this tooth was extracted. This choice was made in order to keep a healthy tooth alive.

経過3.png
上顎には最初はリンガルアーチという装置をつけ、大まかな移動を行います。この場合は右側の第一小臼歯を遠心に移動させて犬歯を取り込むスペースを確保する事。そして反対側の小臼歯の抜歯はまだおこなっていません。

First of all, a lingual arch was placed on the maxilla for rough movement. In this case, the right first bicuspid was distally moved to secure the space to take in the canine. The bicuspid of the opposite side had not been extracted yet.
TM.003.jpg
治療途中です。
左側には矯正用アンカースクリューを埋入して固定源としました。
スペースの閉鎖もほぼ終わり、上下の噛み合わせをつくる仕上げのステージに入ります。

In the middle of treatment

On the left, orthodontic anchor screw was placed as an anchor.
Space was almost closed and we were in the finishing stage to gain a proper occlusion.

TM.jpg
治療後。
治療の後半は海外へのお引っ越しもあり来院間隔はかなり開いた状態でしたが、無事に終了いたしました。前歯の正中線も改善され、これからは被せものの治療と保定をおこなっていきます。
歯を抜かないで治療できればいいのですが、無理な拡大、治療計画をおこなうとどこかに弊害が生じてきます。
矯正治療には先ず診査•診断ありき。セファロ写真、模型、写真は必須と思います。

After treatment

Though the intervals of visiting our clinic during the last half of treatment became greater because she had to prepare for moving abroad, the treatment finished successfully. The midline of the anterior teeth has been corrected. We are going to provide treatment for crowns and retention.

It would be better if we give treatment without extraction, but unreasonable expansion or treatment plan will bring harmful results.

First of all, examination and diagnosis must be done for orthodontic treatment .
posted by aizawa at 19:31 | 東京 ☀ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月10日

リンガル矯正 叢生症例

前歯にでこぼこな歯並びのある患者さんです。
レントゲンや模型診断から、拡大しての治療には先々の安定性と歯周組織へ影響も考え
抜歯してスペースを獲得しての治療と計画いたしました。
This patient has crowding on the anterior teeth.
By analyzing x-rays and stone models, treatment plan was made to obtain space by teeth extraction, considering future stability and influence to periodontal tissue by expansion.

A11.jpg
抜歯治療と診断されても歯を抜くタイミングも考える必要があります。
表側からの矯正で抜歯治療となれば、歯を抜いてから装置を装着するこたが多いのですが、裏側矯正の場合は
症例に応じて抜歯の順番、タイミングを考えていきます。
in extraction case, it is necessary to consider timing to extract teeth.
In labial orthodontic treatment, it is general to extract teeth before placing braces.
But in labial orthodontic treatment , timing of extraction depends on each case.

A22.jpg
治療後には、前歯のでこぼこもなくなり、機能的な噛み合わせを獲得することができました。
この後は、保定ステージに移行して安定をはかります。
After treatment the crowding on the anterior teeth was corrected and functional occlusion was obtained. Then, we move to the retaining stage and assure stability.

A33.jpg
舌側矯正のメリットを生かして効率よく治療を進める事ができるよう、表側の矯正とは違ったアプローチになる事が多いと思います。
Lingual treatment often has different approach from labial treatment so that we can proceed with treatment efficiently by its merit.
posted by aizawa at 14:16 | 東京 ☁ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

下顎大臼歯の抜歯症例 リンガル矯正

今回の患者さんは、分析の結果では通常の小臼歯を便宜抜歯しての治療計画でした。
しかし、パノラマレントゲンから左下の第一大臼歯の根の先に大きな不透過像が認められたので
この歯を抜歯としました。
By the result of analysis we made a plan to start treatment with the extraction of bicuspids.
But, the panoramic radiographic film showed that large radio-opacity could be observed on the root tip of the left fist molar, and then this tooth was decided to be extracted.

sh1.jpg
大臼歯は小臼歯に比べて倍くらいの大きさもあり、また矯正では前歯を動かす為の固定源として使用していく
場合が多いので、この部位の抜歯矯正では、患者さんにも不便をおかけしてしまう事があります。
通常、何気なく物を口に入れて噛み込むときには、食塊の70%位は大臼歯部位で噛み込んでいます。
大臼歯が抜かれると、矯正の治療計画上の事とはいえ違和感を強く感じてしまうことがあります。
また術者サイドでは奥歯のコントロールに十分な注意を払いながら前歯を後方に、第二大臼歯を少し前方に注意深く移動させていきます。

As a molar is about twice as big as a bicuspid and is often used as an anchor in order to move the anterior teeth in orthodontics, the treatment by the molar extraction might give inconvenience to patients.
When you unconsciously put food into your mouth and masticate, 70% of meal lumps are masticated in the molar areas.
If the molar is extracted for orthodontic treatment, the patient sometimes feels a strong sense of incongruity.
The operator shifts the anterior teeth backward and the second molar a little forward while giving ample attention to controlling back teeth

sh2.jpg
治療後です。
便宜抜歯で歯を抜く時も、出来る限り健康な歯を残していきます。
After treatment
When tooth extraction is necessary for orthodontic treatment, healthy teeth should be left as much as possible

sh3.jpg
その他のリンガル矯正は こちらから

posted by aizawa at 09:55 | 東京 ☀ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月02日

リンガル矯正症例写真 Class III級症例 非抜歯

今回の症例は、奥歯の噛み合わせをみると、Angle III級という状態です。
I級は正常な臼歯関係で、上顎の第一大臼歯は、下顎の第一大臼歯よりすこし後ろに位置します。
II級は、上顎の方が下顎よりも前に位置しており、上顎前突の症状を呈する事が多くなります。
III級は、上顎の方が下顎よりも後方に位置し、前歯反対咬合を呈することが多くなります。いわゆる受け口ですね。
Regarding occlusion of the back teeth, this case shows Angle Class V.
Class Tshows normal molar relations, in which the upper first molars are located slightly behind the lower first molars.
Class U shows that the maxilla is located before the mandible, which is often accompanied by maxillary protrusion.
Class V shows that the maxilla is located behind the mandible, which is often accompanied by anterior cross-bite. It is so called an underbite.

初診時です。 Initial visit
class III.002.jpg
奥歯のズレだけでなく、前歯にも叢生があります。叢生がある事によって、前歯の受け口の状態は大きく現れていませんが先端同士で噛み合っている、切端咬合です。
分析の結果、下顎歯列全体を後方に移動させて噛み合わせを治療することになりました。
下顎の後方に
矯正用アンカースクリューをいれて、奥歯を後方に移動させます。

The back teeth are not properly occluded and also the anterior teeth are crowded.
Because of the crowdings, the anterior cross-bite is undistinguished, but this is an edge to edge bite.
As a result of analysis, treatment starts to obtain correct occlusion by moving the whole mandible backward.
The back teeth are moved backward by embedding TADs at the back of the mandible.

class III.003.jpg

治療後です。術前と術後のレントゲンの重ね合わせをみると、下顎の奥歯が後方に移動したことがわかります。

After treatment.
By superimposing the x-rays before and after treatment, you will find that the mandibular back teeth have been moved backward.


class III.001.jpg
アンカースクリューを使うことにより非抜歯で治療できる範囲が広がってきました。

TADs have expanded the range of non extraction treatment.
posted by aizawa at 23:21 | 東京 ☀ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月05日

リンガル矯正症例 

今回の症例はいっけん前歯の部分は奇麗にならんでいるように見える症例ですが、患者さんは顎関節症状を
伴っていました。本来咬みたい位置(顎にとって楽な位置)はこの写真より下あごが前方に位置した場所です。
The patient seems to have perfect alignment of the front teeth at a glance in this case. But she has been suffering temporomandibular joint disorder. An ideal position (a comfortable position) for the jaws in occlusion can be the place where the lower jaw is located more anteriorly than that in the photo.
このような症状の患者さんには、いきなりブラケットを装着することはしません。本来の顎の位置を探しその位置で安定をはかります。その上で再評価をして矯正治療プランを作っていきます。
I would be in no hurry to put braces for this kind of treatment case. First of all I would find an ideal position for the jaws and stabilize them there. And then I would
reevaluate the case and make a treatment plan.

th_リンガル矯正.001.jpg
この咬み込んだ状態では、正中線のズレ、右下奥歯のズレが認められます。
When the teeth are firmly occluded, a midline and the lower left back teeth are out of alignment.

診断の結果、便宜抜歯にて治療となりました。通常ですと下顎は第一小臼歯を抜歯部位に選択しますが、この患者さんの第二小臼歯には詰め物がしたありしかも欠けている状態(左下第二小臼歯)でしたので患者さんの希望もありこの部位を抜歯としました。
As a result of diagnosis we have started treatment with teeth extraction. In the mandible the first bicuspids are usually chosen as extraction teeth, but in her case the second bicuspids were filled and cracked (the lower left second bicuspid). With this reason and her request the second bicuspids in the mandible had been extracted.

th_リンガル矯正.003.jpg

治療後です。
This shows after active treatment.
th_リンガル矯正.004.jpg
便宜抜歯に際しては健康な歯を残したほうがいいので、治療期間は少し長く(2年5ヶ月)なりましたが削っていない歯を残せてよかったと思います。
Regarding the extraction teeth it is better to leave healthy teeth. I believe I was right to keep healthy teeth though treatment period had become a little longer (2 years and 5 months).
posted by aizawa at 00:00 | 東京 ☁ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

歯茎の下がっている(歯肉退縮)叢生のリンガル矯正症例 Lingual treatment case with gingival recession and crowding

この患者さんは、歯頚部の歯肉が退縮(さがって)している状態です。
口腔内は前歯の開咬(オープンバイト)と叢生(でこぼこ)が認められます。
The oral condition of this patient presented gingival recession.
open bite in the anterior area and crowding could be observed.

リンガル矯正1.jpg
でこぼこを拡大して改善していくと、より開咬傾向、歯肉の退縮が強くなることがあるので、抜歯治療と
しました。
If this case would be treated by expanding an dental arch, open bite and crowding would have been worse. So this case was started with dental extraction.

また舌の癖(舌癖)もあるのでMFT(筋機能訓練)もおこなっていきます。
上下左右の第一小臼歯を便宜抜歯し、上下顎とも裏側からのアプローチ(リンガル矯正)です。
As she had also a tongue habit, MFT (oral myofunctional therapy) had been provided at a time. Upper and lower first bicuspids on the both sides were extacted, and braces were placed behind the teeth (lingual orthodontic treatment).
リンガル矯正2.jpg
上顎の固定源として、矯正用アンカースクリューを併用しました。
歯茎の退縮があるので、通常より優しい力でゆっくりと動かしていきます。
Orthodontic anchor screw had been used as an upper anchor at the same time.
Since gingival recession existed, the teeth had been moved with a force as tender as possible.

リンガル矯正3.jpg
治療後です。歯並びが安定したら補綴治療を進めていきます。
Here are the photos after treatment. When the teeth are stabilized, prosthetic treatment will be provided.

その他のリンガル矯正治療例はこちらから
posted by aizawa at 10:30 | 東京 🌁 | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
クリックしていただけると大変喜びます にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ