2017年08月12日

リンガル矯正治療 叢生症例 抜歯治療

今回の症例は、前歯に凸凹(叢生)が認められます。上下の正中線の不一致と左上犬歯(仮歯が入っています)は異常で
いわゆる八重歯の状態を被せものでカムフラージュしてある状態でした。
This is a treatment case with crowding on the anterior area. The upper and lower midlines are not aligned and the upper left cuspid is unusual - a temporary crown is placed. In short, it is camouflaged by placing a crown to show it like a double tooth.

叢生5.001.jpg
レントゲン、写真、模型からの診査・診断により、便宜抜歯をおこない、噛み合わせを整えていくことにしました。
As a result of diagnosis by analyzing x-rays, pictures and stone models, some teeth are conveniently extracted to correct teeth alignment and obtain proper occlusion.
叢生5.002.jpg
矯正装置は、患者さんのご希望で裏側からのリンガル矯正治療で治療致しました。
By the request of the patient, brackets were placed on the back of the teeth - lingual orthodontic treatment.

治療後になります。 After treatment
犬歯の仮歯は、保定中に作り直していきます。
The crown of the cuspid will be replaced by the new one during the retention period.
叢生5.003.jpg
矯正前と後での 口元の突出感も変わりました。
今回の症例も、非抜歯で配列することは可能ですが、噛み合わせの長期安定性と口唇の状態、顎骨のボリュームから
抜歯による治療計画を立てました。
Protrusion of the lips has been changed better if it is compared before and after treatment.
It would have been possible to treat this case without extraction but I made a treatment plan with extraction by considering stability of occlusion in a long period, the condition of the lips and the volume of the jaw bone.
posted by aizawa at 12:52 | 東京 ☁ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
クリックしていただけると大変喜びます にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ