2017年05月04日

臼歯のクロスバイトと叢生の舌側矯正治療例

今回の症例は、噛み合わせた時に奥歯(第一大臼歯)がクロスバイトと前歯に著しい叢生が認められる症例です。
前歯部分では正中線の不一致や上顎の側切歯が奥に生えていて、全く見えない状態です。
This case shows crossbite of the first molars at the time of occlusion and severe crowding in the anterior area.

セファロX線撮影、模型などの資料から診断して、非抜歯での機能的な噛み合わせは不可能と判断し、
前歯の配列の場所を確保するために便宜抜歯をしました。
After analyzing the records like cephalometrics and stone models, we judged it impossible to obtain functional occlusion without tooth extraction. And in order to obtain space to align the anterior teeth, we extracted teeth for the convenient sake.
叢生抜歯.001.jpg
治療途中の写真になります。抜歯部位には、仮歯を貼り付けて治療中に目立たないようにしていきます。
この患者さんはステージにたつ事が多い事もあり、下顎の隙間にも仮歯を付けていました。
(通常は、上顎だけの仮歯でも目立たないと思います)
Here are the photos during active treatment. In order not to be noticed by others, temporary teeth were placed on the extracted area during active treatment. Since this patient stands on the stage, temporary teeth were placed even on the mandible. (temporary teeth are usually placed only on the maxilla.)

叢生抜歯.002.jpg
治療後の状態です。
After active treatment
叢生抜歯.003.jpg
ここからは保定期間に移行しリテーナーを使用して噛み合わせを維持させていきます。
Now we are going to the retention stage using retainers and in order to maintain occlusion.

その他のリンガル矯正治療例はこちらから。
posted by aizawa at 00:00 | 東京 ☀ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
クリックしていただけると大変喜びます にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ