2017年03月10日

矮小歯  リンガル矯正症例 非抜歯症例

今回の症例は、上顎の側切歯が形態的に小さい矮小歯を伴った、叢生・過蓋咬合症例です。
歯の大きさにイレギュラーのある場合は、そのままの歯(形態)で矯正を仕上げていく場合と、矯正後に
形態を修正していく(補綴治療前提)方法に分けられます。
This is a deep over bite case with crowding accompanied by upper lateral incisors which are structurally small - microtooth.
If a tooth size is irregular, there are two cases. One is to finish treatment with the teeth forms as they are. Another is to correct the teeth forms after orthodontic treatment - Assuming prosthetic treatment.
理想的には、歯の大きさは揃っている(上下、左右的に)と理想的な噛み合わせを獲得できますが、
大きさが違う歯の場合は、噛み合わせの中で補正しながらの仕上げになります。
Ideally, when the size of all the teeth(upper & lower and left & right) is regular, ideal dental occlusion can be acquired.
歯の数が違う場合も然り、、、。条件が変われば、道筋や仕上がりも変わることがあります。
機能的な咬合はクリアしなければならない中で、どこを補正していくか、、、。そこが治療計画になっていきます。。
The number of teeth may be irregular. If a condition changes, a method and a finish may also change. Functional occlusion should be definitely obtained, and moreover where should be corrected???? That is a treatment plan.
OSA.001.jpg
治療計画では、非抜歯と、矮小歯に関しては矯正後に形態修正をおこうことでスタート。
In this case, we have made a treatment plan in which there would be no tooth extraction and the microteeth would be corrected after orthodontic treatment.
OSA1.002.jpg
治療中は、矮小歯の両サイドにスペースを作っていくので、見た目が隙間の歯並びになってしまいます。
前歯で隙間があると治療中も目立ってしまうので、レジンでカムフラージュしていきます。
As space is made on both sides of the microtooth during treatment, it becomes the alignment of teeth with the gap visually. Gap on the front teeth is conspicuous even during treatment, so resin is used to disguise it.

OSA.003.jpg
歯並びが落ち着いてきたら、ラミネートベニアでの修復をしていく予定です。
When the teeth alignment becomes stable, correction with laminating resin will be scheduled.
posted by aizawa at 11:26 | 東京 ☀ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
クリックしていただけると大変喜びます にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ