2017年01月19日

上下裏側(リンガル)矯正治療 叢生・抜歯 症例

今回の症例は、叢生の症例です。
前歯の叢生は目につくところですが、奥歯(第一大臼歯)も上顎と下顎の幅に違いがありクロスバイトを呈しています。
レントゲン、模型、写真の資料と元に、診断し治療計画をたてました。
This is a crowding case.
The crowding of the anterior teeth is noticeable. The width of the upper first molars is different from the width of the lower first molars, which shows a crossbite.
A treatment plan was made after analyzing X-rays, stone models and pictures.
qq.001.jpg
方針としては便宜抜歯が必要となり、上下の小臼歯を抜歯となりました。非抜歯で配列するのには限界を超えています。
Our plan needed teeth extraction for convenience' sake and the upper and lower bicuspids were extracted. The condition of malocclusion is too severe to align the teeth without extraction.
qq.002.jpg
抜歯の時期も、歯の移動がスムーズになるよう時間差で順次抜歯していきます。
Regarding the timing of extraction, each tooth is extracted in order to smooth teeth movement.

治療後。After treatment
qq.003.jpg
ブラケットを外して矯正治療が終わるわけではありません。
ここからしっかりと保定装置を用いて、機能的な歯並びを維持していきます。
Taking off the brackets does not mean the end of orthodontic treatment.
It is a must to use retention appliances in order to keep functional teeth alignment.
posted by aizawa at 13:55 | 東京 ☀ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
クリックしていただけると大変喜びます にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ