2016年11月10日

叢生と前突のリンガル症例。ハーフリンガル治療。

今回の症例は、前歯の突出感と叢生の患者さんです。
In this treatment case, anterior teeth look protruding and crowding can be seen.
みき.001.jpg
歯列の形態にも問題があります。
診断の結果、便宜抜歯での矯正開始となりました。
The form of teeth alignment is also irregular.
as a result of diagnosis, treatment has started by extracting some teeth.
みき.002.jpg
使用する装置は、上顎は裏側のリンガル矯正、下顎は表側のラビアル矯正。いわゆるハーフリンガル治療です。
Braces were placed on the back side of upper teeth and the front side of lower teeth. which is called Half Lingual treatment.
装置の選択は、患者さんに決定していただくので、この症例は表側やハーフリンガルじゃないと治せない、、ということはないんです。表側も裏側のブラケットも装置、、道具ですから、それを使いこなすかどうかが問題。
裏側、表側それぞれの動き方の違いを味方につけて治療計画と作っていきます。
What kind of braces will be used? That's a patient's choice. In this case the braces should be placed on the front side of teeth, and that case should be treated with a half lingual method. It is not true. Brackets on the front and the back of the teeth are appliances which are tools. The question is how you manage to use them.
みき.003.jpg
治療後です。

歯並びと口唇の感じが変わりましたね。
これからは保定装置を使って機能的な歯並びを維持していきます。
posted by aizawa at 10:28 | 東京 ☀ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
クリックしていただけると大変喜びます にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ