2016年07月08日

リンガル矯正症例 上下顎前突症例

今回の症例は、顔貌に対して口元の突出感が強い上下顎前突の症例になります。
審美線(イーライン)に対して上下の唇が前にあります。
矯正前の歯並びでは、上下前歯が前方に傾斜しOpen Bite傾向もあります。
This is a treatment case of upper and lower protrusion with a strong projecting feeling of the lips. The upper and lower lips are located in front of the esthetic line (E-line).
Before treatment, the upper and lower front teeth are slanted forward and there is a tendency of open bite.
前突リンガル.001.jpg
診断の結果、上下の小臼歯を抜歯して前歯を後退させる隙間を獲得して治療を開始しました。
前歯を後方に押す力は通常は奥歯を固定源として力を得ますが、今回の症例では奥歯の位置は現状を維持したいので固定源として矯正用アンカースクリューを使用して前歯を後退させていきました。
As a result of diagnosis, we started treatment with the extraction of upper and lower bicuspids for space to move the front teeth backward. In order to move the front teeth backward, we usually get force with the back teeth as an anchor, but this time, since we wanted to keep the position of the back teeth, we moved the front teeth backward using orthodontic anchor screws as an anchor.
前突リンガル.002.jpg
治療後です。
After treatment
前突リンガル.003.jpg
口唇の感じも変わりましたね。
Don't you think the feeling of lips have changed?
posted by aizawa at 13:11 | 東京 ☁ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
クリックしていただけると大変喜びます にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ