2016年05月05日

矮小歯•叢生を伴った前歯open bite リンガル矯正症例

今回のリンガル矯正の症例写真は、前歯に叢生と開咬の症例です。そして、側切歯(真ん中から二番目の歯)
は通常の大きさよりも形態が小さい矮小歯になっています。
矯正前の状態です。
Let me show you a lingual orthodontic treatment case with anterior crowding and open-bite.
It's lateral incisor (the second tooth from the center) is smaller than it's normal size, which is called microtooth.
Here are the pictures before treatment.

open.001.jpg
口唇の突出感と叢生、歯並びの状態をレントゲン、模型、写真の診査診断から抜歯をおこなっての治療となりました。
X-rays, stone models and pictures are taken to examine how much the lip is protruded and what the condition of the crowding or misalignment is. Treatment has started after tooth extraction.

open.002.jpg
上下第二小臼歯の便宜抜歯をおこなっています。
the second bicuspids of the upper and lower jaws are extracted.

open.003.jpg
治療後です。二番目の歯は形態的にイレギュラーなので、この部位は矯正後にはラミネートベニヤ他の補綴治療を予定しています。動的治療が終わった時には隙間があります。この歯を噛ませていくと、歯茎のラインの不調和が生じてしまうので、この症例のように歯冠形態の修正を前提とした矯正治療の場合は、歯頚ラインを基準に整えていきます。とは言え、隙間が、、、とならないよう仮の白い樹脂を盛ってカムフラージュしておきます。
上下左右の親知らずも噛み合わせが整いました。
歯並びがもう少し落ち着いたら補綴治療をおこなっていきます。
Here are the pictures after treatment. Since the second tooth is topologically irregular, for this tooth prosthetic treatment is followed by using laminates and veneers. There is space after active treatment. If the occlusion is made with this tooth, disharmony occurs on the gum line. In this treatment case such as the correction of the tooth contour is planned, alignment should be fixed based on the gum line. For the time being, the space is disguised using temporary white resin.
Upper and lower wisdom teeth are also occluded.
When the occlusion becomes more stabilized, prosthetic treatment will be undertaken.
posted by aizawa at 00:00 | 東京 ☀ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
クリックしていただけると大変喜びます にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ