2016年03月08日

顔の正中に対して、上顎前歯が右にズレている、、、舌側矯正症例写真

今回の症例は、、、顔の真ん中に対して上顎の歯並びが右側にズレていてスマイルラインもきれいに出ず、叢生も認められる症例です。
This is a lingual orthodontic treatment case with crowdings in which upper teeth have been misaligned to the right from the facial center line. Therefore, a smile line does not appear neatly.
001.jpg
レントゲン、模型などの資料から診断して、左側の小臼歯のみ便宜抜歯して配列をおこなう事としました。
治療途中の写真です。上顎は矯正用アンカースクリューを固定源として前歯を牽引していきました。
患者さんのご希望で、上下裏側からのアプローチ、フルリンガル矯正で治療開始です。
After analyzing the records like X-rays, stone models and so on, we made a treatment plan to extract left bicuspids only. Here are some treatment pictures on the way. We pulled back the upper front teeth using orthodontic anchor screw as an anchorage unit. This patient wanted lingual orthodontic treatment for both upper and lower jaws.
002.jpg
治療後の歯並びです。
Teeth alignment after treatment
003.jpg
動的治療後は保定装置を用いて歯並びの安定を図ります。
矯正治療は、ブラケットの治療に重点をおきがちですが、保定期間も大変重要です。
ソフィア矯正歯科には、保定終了をなっても定期的に来院してクリーニングや噛み合わせチェックで通ってくださる患者さんが沢山いらっしゃります。
歯科医院は、歯が痛くなってから行く場所ではなく、日頃のメインテナンスを継続し小さなマイナスのサインをいち早く見つけ出し、大事に至る前に治療し予防する、、、そんな関係が望ましいと思います。
After active treatment, we make an effort for the stability of the teeth using retention appliances. We are apt to put importance for bracket treatment, but a retention stage is also very important. In Sophia Orthodontic Clinic we have many patients who make a regular visit for cleaning teeth and checking teeth alignment after the retention period. A dental clinic is not a place to visit after having a painful tooth, but a place to check the teeth regularly and find something wrong at the earliest stage, and give a care before getting out of control and prevent it. This is an ideal relationship between a patient and a dental clinic!
posted by aizawa at 17:31 | 東京 ☀ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
クリックしていただけると大変喜びます にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ