2016年01月08日

見えない矯正 裏側矯正治療症例 非抜歯症例写真

今回の症例は叢生(歯が凸凹な状態)の歯並びのケースです。
Orthodontic treatment case this time is the one of crowded teeth.
矯正治療では、見た感じで治療計画がイメージできる場合がありますが、必ずレントゲン写真で顎の位置、大きさ、歯の生えている位置角度、歯根の状態などをチェックします。写真や模型も必須です。
Among orthodontic treatment cases, there might be some cases for which it seems we can make treatment plan without records. However, I unquestionably take X-rays to see the location and size of the jaw, the location and angle ofthe teeth, and the root condition of the teeth. Facial and oral photos, and stone models are also essential.
治療にあたっては非抜歯で治療をおこなうことにしました。
Treatment had been planned to undergo with non extraction.
上顎の前歯の形態からブラックトライアングルという歯と歯の間に小さな隙間が生じやすい形態と歯茎の薄さです、、、。
According to the form of upper anterior teeth, it tends to have small space between teeth and thin gums, which is called Black Triangle.
西52.001.jpg
上下顎に順次リンガルブラケットを装着していきました。
Brackets had been placed lingually in order for the upper and lower teeth.
西52.002.jpg
凸凹の歯並びを単純に非抜歯で配列すると、前歯はより前方に移動・傾斜を呈してしまうので奥歯のコントロールも大切です。
If crowded teeth are simply aligned, the anterior teeth move forward and show inclination. Therefore, it is very important to control the back teeth.
西52.003.jpg
治療後です。前歯の傾斜もコントロールでき機能的、審美的な歯並びになりました。
This shows after treatment. The inclination of the anterior teeth had been controlled, and functional and aesthetical teeth alignment had been obtained.
その他の舌側矯正治療症例はこちらです。
posted by aizawa at 16:39 | 東京 ☀ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
クリックしていただけると大変喜びます にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ