2015年11月03日

過去に上顎だけ矯正治療をされた方の再矯正治療 Retreatment - initial orthodontic treatment was done only with the maxilla in the past

こちらの患者さんは、以前上顎の歯を抜いて矯正治療をされた既往があります。
当院における初診時の状態では、下顎前歯に叢生、奥歯のクロスバイト、口元では下唇が前方にあり、リラックス時には、上下の口唇があいてしまう状態でした。
This patient has received orthodontic treatment with the teeth extraction of the maxilla before.
At the initial visit to our clinic, the mandibular teeth were crowded, the posterior teeth were overbite and the lower lip was located froward. At the time of relaxation, the upper and lower lips were apart.
こ.001.jpg
診断の結果、下顎の小臼歯を便宜抜歯し、大臼歯の上下関係、前歯の噛み合わせを整えるために全顎矯正をおこないました。
At the result of diagnosis, the lower bicuspids were extracted and the whole orthodontic treatment was done in order to correct the relationship of the upper and lower molars, and the anterior occlusion.
治療途中
During the treatment
こ.002.jpg
保定中の写真
Photos at the retention period
こ.003.jpg
下顎前歯は後戻りの防止の為にワイヤーで固定しています。
矯正後の口唇のバランスも整いました。
The mandibular anterior teeth are fixed with wire to prevent relapse.
The upper and lower lips are well balanced after treatment.
posted by aizawa at 00:00 | 東京 ☁ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
クリックしていただけると大変喜びます にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ