2015年09月05日

見えない矯正治療 症例写真

今回の症例は、歯並びには凸凹も少なく、どこを矯正治療?と思われるかもしれませんが、
お顔、顎に対して前歯の生えている位置•角度に問題があります。一見噛み合っているように見えますが
人間の噛み合わせは、模型と違い、いろいろな方向へ動きます。上下の動きはイメージしやすいですが、
下顎は前、横、後ろと動き、咀嚼する中でいろんな方向へ動いています。
The teeth of this patient appear to be well aligned. You may think "What is the problem?" The problem exitsts in the position and angle of the front teeth to the face and jaw. The upper and lower teeth appear to occlude properly, but human occlusion is unlike a model. It moves to various directions. It is easy to image an up-and-down sequence of motion. But, the lower jaw moves from front to back and from side to side during mastication.
米.001.jpg
診査(模型、写真、セファロレントゲン)の分析から、理想的な前歯の位置•角度へ治療するためには
便宜抜歯が必要となりました。通常、上下顎前突という症例の場合は、前から4番目の歯を抜く事が多いのですが、こちらの患者さんの下顎の第二小臼歯は神経の無い治療済みの歯でしたので、健全歯を残す為に
上顎は4番目、下顎は左右とも5番目の小臼歯を選択いたしました。
According to the analysis of the records (stone models, photos and cephalometrics) it was found that teeth extraction would be necessary to correct the position and angle of the front teeth. For the treatment case of the upper and lower protrusion, we useually extract the four teeth (the forth tooth from the front). But this patient had the lower second bicuspid which had been treated without nerve because of a cavity. In order to leave the healthy teeth the first bicuspids on the maxilla and the second bicuspids on the mandile were chosen to be extracted.
米.002.jpg
治療後の状態です。
米.003.jpg
前歯の角度も、診断時に予定した位置に修正できました。リンガル矯正では、思いのほか内側に倒れ込む場合があるので、歯の位置の是正という事だけでなく、歯軸のコントロールの仕方がメリットであり、かつデメリットでもある矯正治療法です。
The angle of the front teeth had been corrected as planned at the time of diagnosis. In the case of the lingual orthodontic treatment the teeth unexpectedly tend to incline lingually. So this treatment can be a merit as well as a demerit depending on how an orthodontist can correct not only the position of the teeth but the axis.
その他の見えない歯の矯正治療症例写真はこちらから。
posted by aizawa at 08:00 | 東京 ☁ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
クリックしていただけると大変喜びます にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ