2015年07月24日

ブラケット外して10年目の来院 A clinical visit after 10 yeas taking off the brackets

こちらの患者さんは、ブラケットを外してから10年がたちます。
初診時は、まだ乳歯と永久歯が混在する混合歯列期でした。前歯の部分には凸凹があり、下顎の前歯は噛み合わせにより前方へ移動し、歯茎も下がってきてしまっています。
これから出てくるべき永久歯の生えてくるスペースもない状態です。
治療方針は、先ず取り外し式の装置を使用して、おおまかな修正をおこなった後にブラケットを用いて治療しました。

10 years have passed since the patient here had her brackets taken off.
At her first visit, she was in the mixed dentition stage which baby and permanent teeth were mixed.
The anterior teeth are not level and the lower anterior teeth are shifted forward in occlusion and the gums have fallen down.
There is no space for the coming permanent teeth to erupt.
First of all, rough correction was made by use of a removable appliance, and then brackets were applied for further correction.

岩2.001.jpg

ブラケットを外した日。
The day that the brackets were removed.
岩.002.jpg

今では大学生、、、、月日に立つのは早いもんです。
本日来院時の状態です。
She is a university student now. Time passes very quickly.
The photos taken today
岩.003.jpg
軽度のステップは生じていますが、全体的には安定しています。
長期に渡って、経過を追えることは矯正医冥利に尽きます。

矯正の後戻りのリスクが軽減しても、日々歯には咬合力、唇や舌の筋圧もかかってきます。
歯槽膿漏に罹患すれば、噛み合わせは崩壊していきます。
定期的な観察とクリーニングをして、健康的な口腔内を維持していきたいと思います。

Light steps are made, but it is stable in whole.
I am extremely happy to be able to keep track of treatment process for a long period of time.
Even if the risk of relapse diminishes, the teeth are subjected to pressure in occlusion, and muscle pressure of lips and tongue every day.
If she might be affected with pyorrhea, occlusion would be collapsed.
I hope she will maintain this healthy oral condition by having teeth cleaning at a periodical visit.
posted by aizawa at 18:55 | 東京 ☁ | 矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
クリックしていただけると大変喜びます にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ