2015年07月09日

裏側矯正治療 症例写真 上下顎前突

今回の患者さんは、歯並びは一見大きな問題はなさそうですが、お顔に対して前突が強い事を主訴に来院されました。リラックスした状態ですと、上下も唇が開き、口唇の間から歯が見えてしまう状態です。
使用した装置は、患者さんの希望で上下リンガル装置を使用です。
It looks like the patient does not have any problem on her teeth alignment. But she visited our clinic with a chief complaint of upper & lower protrusion. The upper & lower lips are open and the teeth can be seen between the lips in a relaxed state.
Lingual appliances were used for both the upper and lower as requested by the patient.
バイマキリンガル1.001.jpg
レントゲン(セファロ写真)や模型診断から抜歯をおこない治療することとなりました。
歯の矯正をおこなう場合で抜歯をする場合は、まえから4番目の第一小臼歯を選択する事が多いです。この歯の大きさは約8.5mm。
この隙間を使って、前歯を機能的であり審美的な位置に動かしていきます。
もちろん症例によって最適な抜歯部位を決定していかねばなりません。
前歯を後ろに入れすぎると、口元が寂しくなったりするので、口唇の張りのバランスを考えて動かします。
As a result of diagnosing the records - X-rays (cephalometics) and stone models, the treatment started with the extraction of teeth. In an extraction case, we usually extract the first bicuspids. The size of the first bicuspid is 8.5mm. Using the spaces made by extracting the first bicuspids, we move the anterior teeth to where their function optimally and are also aesthetically pleasing. If the anterior teeth moved backwards too much, the appearance of lips might look
oldish. We always consider the balance of the face and lips when we move the teeth.
バイマキリンガル1.002.jpg

治療後です。
バイマキリンガル1.003.jpg
顎の機能に調和のとれた噛み合わせを獲得できました。
We could obtain functionally balanced occlusion.

その他のリンガル矯正症例はこちら
Click here for other lingual treatment cases.
posted by aizawa at 00:00 | 東京 ☁ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
クリックしていただけると大変喜びます にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ