2015年05月01日

上顎正中線の不一致と叢生のリンガル矯正症例

今回のリンガル矯正症例写真は、上顎の中切歯の正中線は顔に対して右側にずれています。犬歯の叢生もあります。

The photos of this lingual treatment case show that a midline of the upper central incisors is out of alignment to the right, and the cuspid area is crowded.

TMa2.001.jpg
セファロ写真、模型などの資料から診査、診断の結果は、上顎犬歯を機能的•審美的な配列にするには
歯列の中にスペースがたりません。歯列の拡大にも限界がありますので、小臼歯の便宜抜歯を計画しました。
八重歯の犬歯と、正中線の修正には右側の第一小臼歯を抜歯すれは治療効率はいいのですが、この歯の奥に第二小臼歯は神経を抜いてある失活歯でしたので、この歯を抜歯としました。健康な歯を残すべくの選択です。

From the result of examination (cephalometrics, photos, stone models), it was found that oral arch space was not enough to align the upper cuspid functionally and aesthetically. Since there is a limit to expand the arch, it was planned to extract bicuspids for convenience.

To correct the cuspid of a double tooth and the midline, extraction of the right first bicuspid might be effective treatment, but the second bicuspid is a nonvital tooth which the nerve was removed from. That's why this tooth was extracted. This choice was made in order to keep a healthy tooth alive.

経過3.png
上顎には最初はリンガルアーチという装置をつけ、大まかな移動を行います。この場合は右側の第一小臼歯を遠心に移動させて犬歯を取り込むスペースを確保する事。そして反対側の小臼歯の抜歯はまだおこなっていません。

First of all, a lingual arch was placed on the maxilla for rough movement. In this case, the right first bicuspid was distally moved to secure the space to take in the canine. The bicuspid of the opposite side had not been extracted yet.
TM.003.jpg
治療途中です。
左側には矯正用アンカースクリューを埋入して固定源としました。
スペースの閉鎖もほぼ終わり、上下の噛み合わせをつくる仕上げのステージに入ります。

In the middle of treatment

On the left, orthodontic anchor screw was placed as an anchor.
Space was almost closed and we were in the finishing stage to gain a proper occlusion.

TM.jpg
治療後。
治療の後半は海外へのお引っ越しもあり来院間隔はかなり開いた状態でしたが、無事に終了いたしました。前歯の正中線も改善され、これからは被せものの治療と保定をおこなっていきます。
歯を抜かないで治療できればいいのですが、無理な拡大、治療計画をおこなうとどこかに弊害が生じてきます。
矯正治療には先ず診査•診断ありき。セファロ写真、模型、写真は必須と思います。

After treatment

Though the intervals of visiting our clinic during the last half of treatment became greater because she had to prepare for moving abroad, the treatment finished successfully. The midline of the anterior teeth has been corrected. We are going to provide treatment for crowns and retention.

It would be better if we give treatment without extraction, but unreasonable expansion or treatment plan will bring harmful results.

First of all, examination and diagnosis must be done for orthodontic treatment .
posted by aizawa at 19:31 | 東京 ☀ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
クリックしていただけると大変喜びます にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ