2015年03月10日

リンガル矯正 叢生症例

前歯にでこぼこな歯並びのある患者さんです。
レントゲンや模型診断から、拡大しての治療には先々の安定性と歯周組織へ影響も考え
抜歯してスペースを獲得しての治療と計画いたしました。
This patient has crowding on the anterior teeth.
By analyzing x-rays and stone models, treatment plan was made to obtain space by teeth extraction, considering future stability and influence to periodontal tissue by expansion.

A11.jpg
抜歯治療と診断されても歯を抜くタイミングも考える必要があります。
表側からの矯正で抜歯治療となれば、歯を抜いてから装置を装着するこたが多いのですが、裏側矯正の場合は
症例に応じて抜歯の順番、タイミングを考えていきます。
in extraction case, it is necessary to consider timing to extract teeth.
In labial orthodontic treatment, it is general to extract teeth before placing braces.
But in labial orthodontic treatment , timing of extraction depends on each case.

A22.jpg
治療後には、前歯のでこぼこもなくなり、機能的な噛み合わせを獲得することができました。
この後は、保定ステージに移行して安定をはかります。
After treatment the crowding on the anterior teeth was corrected and functional occlusion was obtained. Then, we move to the retaining stage and assure stability.

A33.jpg
舌側矯正のメリットを生かして効率よく治療を進める事ができるよう、表側の矯正とは違ったアプローチになる事が多いと思います。
Lingual treatment often has different approach from labial treatment so that we can proceed with treatment efficiently by its merit.
posted by aizawa at 14:16 | 東京 ☁ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
クリックしていただけると大変喜びます にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ