2015年01月15日

下顎大臼歯の抜歯症例 リンガル矯正

今回の患者さんは、分析の結果では通常の小臼歯を便宜抜歯しての治療計画でした。
しかし、パノラマレントゲンから左下の第一大臼歯の根の先に大きな不透過像が認められたので
この歯を抜歯としました。
By the result of analysis we made a plan to start treatment with the extraction of bicuspids.
But, the panoramic radiographic film showed that large radio-opacity could be observed on the root tip of the left fist molar, and then this tooth was decided to be extracted.

sh1.jpg
大臼歯は小臼歯に比べて倍くらいの大きさもあり、また矯正では前歯を動かす為の固定源として使用していく
場合が多いので、この部位の抜歯矯正では、患者さんにも不便をおかけしてしまう事があります。
通常、何気なく物を口に入れて噛み込むときには、食塊の70%位は大臼歯部位で噛み込んでいます。
大臼歯が抜かれると、矯正の治療計画上の事とはいえ違和感を強く感じてしまうことがあります。
また術者サイドでは奥歯のコントロールに十分な注意を払いながら前歯を後方に、第二大臼歯を少し前方に注意深く移動させていきます。

As a molar is about twice as big as a bicuspid and is often used as an anchor in order to move the anterior teeth in orthodontics, the treatment by the molar extraction might give inconvenience to patients.
When you unconsciously put food into your mouth and masticate, 70% of meal lumps are masticated in the molar areas.
If the molar is extracted for orthodontic treatment, the patient sometimes feels a strong sense of incongruity.
The operator shifts the anterior teeth backward and the second molar a little forward while giving ample attention to controlling back teeth

sh2.jpg
治療後です。
便宜抜歯で歯を抜く時も、出来る限り健康な歯を残していきます。
After treatment
When tooth extraction is necessary for orthodontic treatment, healthy teeth should be left as much as possible

sh3.jpg
その他のリンガル矯正は こちらから

posted by aizawa at 09:55 | 東京 ☀ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
クリックしていただけると大変喜びます にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ