2014年11月02日

リンガル矯正症例写真 Class III級症例 非抜歯

今回の症例は、奥歯の噛み合わせをみると、Angle III級という状態です。
I級は正常な臼歯関係で、上顎の第一大臼歯は、下顎の第一大臼歯よりすこし後ろに位置します。
II級は、上顎の方が下顎よりも前に位置しており、上顎前突の症状を呈する事が多くなります。
III級は、上顎の方が下顎よりも後方に位置し、前歯反対咬合を呈することが多くなります。いわゆる受け口ですね。
Regarding occlusion of the back teeth, this case shows Angle Class V.
Class Tshows normal molar relations, in which the upper first molars are located slightly behind the lower first molars.
Class U shows that the maxilla is located before the mandible, which is often accompanied by maxillary protrusion.
Class V shows that the maxilla is located behind the mandible, which is often accompanied by anterior cross-bite. It is so called an underbite.

初診時です。 Initial visit
class III.002.jpg
奥歯のズレだけでなく、前歯にも叢生があります。叢生がある事によって、前歯の受け口の状態は大きく現れていませんが先端同士で噛み合っている、切端咬合です。
分析の結果、下顎歯列全体を後方に移動させて噛み合わせを治療することになりました。
下顎の後方に
矯正用アンカースクリューをいれて、奥歯を後方に移動させます。

The back teeth are not properly occluded and also the anterior teeth are crowded.
Because of the crowdings, the anterior cross-bite is undistinguished, but this is an edge to edge bite.
As a result of analysis, treatment starts to obtain correct occlusion by moving the whole mandible backward.
The back teeth are moved backward by embedding TADs at the back of the mandible.

class III.003.jpg

治療後です。術前と術後のレントゲンの重ね合わせをみると、下顎の奥歯が後方に移動したことがわかります。

After treatment.
By superimposing the x-rays before and after treatment, you will find that the mandibular back teeth have been moved backward.


class III.001.jpg
アンカースクリューを使うことにより非抜歯で治療できる範囲が広がってきました。

TADs have expanded the range of non extraction treatment.
posted by aizawa at 23:21 | 東京 ☀ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
クリックしていただけると大変喜びます にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ