2014年09月05日

リンガル矯正症例 

今回の症例はいっけん前歯の部分は奇麗にならんでいるように見える症例ですが、患者さんは顎関節症状を
伴っていました。本来咬みたい位置(顎にとって楽な位置)はこの写真より下あごが前方に位置した場所です。
The patient seems to have perfect alignment of the front teeth at a glance in this case. But she has been suffering temporomandibular joint disorder. An ideal position (a comfortable position) for the jaws in occlusion can be the place where the lower jaw is located more anteriorly than that in the photo.
このような症状の患者さんには、いきなりブラケットを装着することはしません。本来の顎の位置を探しその位置で安定をはかります。その上で再評価をして矯正治療プランを作っていきます。
I would be in no hurry to put braces for this kind of treatment case. First of all I would find an ideal position for the jaws and stabilize them there. And then I would
reevaluate the case and make a treatment plan.

th_リンガル矯正.001.jpg
この咬み込んだ状態では、正中線のズレ、右下奥歯のズレが認められます。
When the teeth are firmly occluded, a midline and the lower left back teeth are out of alignment.

診断の結果、便宜抜歯にて治療となりました。通常ですと下顎は第一小臼歯を抜歯部位に選択しますが、この患者さんの第二小臼歯には詰め物がしたありしかも欠けている状態(左下第二小臼歯)でしたので患者さんの希望もありこの部位を抜歯としました。
As a result of diagnosis we have started treatment with teeth extraction. In the mandible the first bicuspids are usually chosen as extraction teeth, but in her case the second bicuspids were filled and cracked (the lower left second bicuspid). With this reason and her request the second bicuspids in the mandible had been extracted.

th_リンガル矯正.003.jpg

治療後です。
This shows after active treatment.
th_リンガル矯正.004.jpg
便宜抜歯に際しては健康な歯を残したほうがいいので、治療期間は少し長く(2年5ヶ月)なりましたが削っていない歯を残せてよかったと思います。
Regarding the extraction teeth it is better to leave healthy teeth. I believe I was right to keep healthy teeth though treatment period had become a little longer (2 years and 5 months).
posted by aizawa at 00:00 | 東京 ☁ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
クリックしていただけると大変喜びます にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ