2014年07月06日

歯茎の下がっている(歯肉退縮)叢生のリンガル矯正症例 Lingual treatment case with gingival recession and crowding

この患者さんは、歯頚部の歯肉が退縮(さがって)している状態です。
口腔内は前歯の開咬(オープンバイト)と叢生(でこぼこ)が認められます。
The oral condition of this patient presented gingival recession.
open bite in the anterior area and crowding could be observed.

リンガル矯正1.jpg
でこぼこを拡大して改善していくと、より開咬傾向、歯肉の退縮が強くなることがあるので、抜歯治療と
しました。
If this case would be treated by expanding an dental arch, open bite and crowding would have been worse. So this case was started with dental extraction.

また舌の癖(舌癖)もあるのでMFT(筋機能訓練)もおこなっていきます。
上下左右の第一小臼歯を便宜抜歯し、上下顎とも裏側からのアプローチ(リンガル矯正)です。
As she had also a tongue habit, MFT (oral myofunctional therapy) had been provided at a time. Upper and lower first bicuspids on the both sides were extacted, and braces were placed behind the teeth (lingual orthodontic treatment).
リンガル矯正2.jpg
上顎の固定源として、矯正用アンカースクリューを併用しました。
歯茎の退縮があるので、通常より優しい力でゆっくりと動かしていきます。
Orthodontic anchor screw had been used as an upper anchor at the same time.
Since gingival recession existed, the teeth had been moved with a force as tender as possible.

リンガル矯正3.jpg
治療後です。歯並びが安定したら補綴治療を進めていきます。
Here are the photos after treatment. When the teeth are stabilized, prosthetic treatment will be provided.

その他のリンガル矯正治療例はこちらから
posted by aizawa at 10:30 | 東京 🌁 | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
クリックしていただけると大変喜びます にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ