2014年05月15日

リンガル矯正 下顎大臼歯欠損症例

今回の症例は、外国の方。口元は明らかにアジア人とは違いますね。
お口の中はこのような状態です。
左下の第一大臼歯という歯が欠損しています。第二、第三大臼歯には被せもの。
上顎の犬歯は外に飛び出ていて、歯の軸も後ろに傾いています。

I will show the case of a western male this time. I am sure you will see the difference of the mouth from an oriental person. the pictures show his oral condition. The lower left first molar has been missing. The second and third molars have been treated. The upper cuspids have been out of the line.
The tooth axis has been also inclining backward.

lingual781.jpg



上顎の小臼歯を便宜抜歯して治療開始。下顎のスペースは奥歯を手前に動かして閉鎖していきます。
Treatment has been started with the upper bicuspids extracted. the lower space will be closed by moving the back tooth forward.

lingual782.jpg


リンガル矯正で、下顎の奥歯を前に移動させるというのは表側の矯正に比べて難易度↑。じっくりと動かしていきます。
動的治療の終了時。
It is much more difficult to move the lower back tooth forward in a lingual orthodontic treatment than to do it in a labial orthodontic treatment.

lingual783.jpg

歯並びが安定してきたら奥歯の被せものを入れ替えてもらいます。
(この被せものは不正咬合の状態で噛めるように作ってあるので、歯の根が正しい位置に移動した場合は、
噛み合わせが甘くなってしまいます。)
When the occlusion has been stabilized, the fillings of the back teeth will be requested to be altered. ( Since these fillings had been fitted for the oral condition before treatment, the teeth will not be properly occluded when the roots of the teeth are moved to the right position. )
posted by aizawa at 00:00 | 東京 ☀ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
クリックしていただけると大変喜びます にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ