2014年03月11日

リンガル矯正 上下顎前突 抜歯症例 Lingual orthodontic treatment, Extraction case with upper and lower protrusion

今回の症例は、でこぼこな歯並びではなく歯並びはそろっているように見えますが、
口元の突出感が顕著な症例です。口元がリラックスしていると、唇のあいだから前歯がのぞいています。
唇を閉じようとすると、口輪筋などに強い緊張を呈し顎の部分に梅干しの種のように皺ができます。
理想は、緊張する事無くスッと自然に唇が閉じる事。
This case shows that the protrusion of the lips is severe though the teeth look regularly aligned. When the lips relax, the front teeth can be seen between the lips. When the lips are closed, orbicular muscle of mouth has a strong stress and
the mouth gets wrinkled like a pickled plum. It is ideal that the lips are naturally closed with no stress.

リンガル51.jpg
レントゲンなどの分析の結果、上下の小臼歯を便宜抜歯して治療をすることとなりました。
By the analysis of the X-ray, this case is treated with the extraction of the upper and lower bicuspids.
リンガル52.jpg
抜いたスペースを有効に閉鎖していくために、矯正用アンカースクリューも併用しています。
Orthodontic anchor screw is also used in order to close extraction space.

治療後
リンガル53.jpg
口元の突出感の改善され、機能的な噛み合わせになりました。
The protrusion of the lips has been corrected and functional occlusion has been achieved.
posted by aizawa at 08:00 | 東京 ☁ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
クリックしていただけると大変喜びます にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ