2013年11月10日

リンガル矯正 叢生 抜歯症例写真

今回の症例は、Angle II級(奥歯の噛み合せの関係を表します。I級が正常。II級が上顎が前方位。III級は下顎が前方位。)の叢生症例です。
上顎の側切歯が隠れています。また前歯の叢生だけではなく、奥歯の噛み合せもはすにズレています。

This treatment case is Angle Class Uwith crowding. This shows occlusal relationship of molars. (Angle Class Tis normal occlusion, Angle Class Uis malocclusion with the upper jaw located forward and Angle Class V is malocclusion with the lower jaw located forward.)
The upper lateral incisor is hiding. The anterior teeth are crowded and also the molars are out of alignment in occlusion.

叢生1.jpg

レントゲン、模型なその分析の結果、上顎の小臼歯を抜歯して治療することになりました。
固定源として、上顎には矯正用アンカースクリューを用いています。

As a result of analyses of x-rays and stone models, treatment was planned by extracting upper premolars. TADs are used on the upper jaw as an anchorage unit.

叢生2.jpg

治療後です。
歯並びがおちついてきたら、奥歯の被せ物の治療などをおこないます。

After treatment
When teeth alignment is settled down, treatment for molar crowns will be provided.

叢生3.jpg

その他の見えない矯正症例はこちらから
Other invisible orthodontic treatment cases can be seen here.
posted by aizawa at 21:49 | 東京 ☁ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
クリックしていただけると大変喜びます にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ