2013年05月12日

成人 先天性欠損を伴った舌側(リンガル)矯正症例写真 ー非対称抜歯ーLingual orthodontics

今回の舌側矯正の患者さんは、右下の小臼歯が先天性に欠損されている方。正中線の不一致と叢生も認められます。
This is a lingual orthodontic treatment case. A bicuspid on the lower right is congenitally misssing. A midline is not aligned and crowding can be observed.
非対称1.jpg
写真、レントゲン、模型などの資料分析から、上下左右で3本の小臼歯を便宜抜歯して治療をおこなうことに決定しました。
From the analysis of orthodontic records such as photos, X-rays and stone models, I decided to start treatment with the extraction of three bicuspids for convenience sake.
通常、矯正治療で歯を抜く場合は、前から4番目の第一小臼歯を選択することが多いのですが、この患者さんは
第二小臼歯(前から5番目)の歯が治療された歯でしたので、健康な歯を残す方針で、3本とも第二小臼歯を抜きました。治療途中です。
The first bicuspids are usually extracted for orthodontic treatment. But in this case the second bicuspids were treated teeth and that's why three second bicuspids were extracted. And healthy first bicuspids were left alive. During active treatment.
非対称2.jpg
動的治療終了。歯並びが落ち着いたら、奥歯の被せ物をやり替えてさらに緊密な噛み合わせを作っていきます。After active treatment. When the occlusion has been stabilized, the crown of the back teeth
will be exchanged and more precise occlusion will be made.
非対称3.jpg
posted by aizawa at 18:16 | 東京 ☀ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
クリックしていただけると大変喜びます にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ