2012年06月10日

ハーフリンガル症例 非抜歯治療

今回の患者さんはハーフリンガル症例。初診時はまだ乳歯と永久歯が混在している状態でした。
This is a case treated by half lingual appliance.
At the initial visit, primary teeth and permanent teeth were mixed in the dentition.

Z1.jpg
歯並びは、上顎正中に隙間のある正中離開。乳歯〜永久歯混在時における正中離開は自然に閉鎖する事もあるので
側方の永久歯萌出状態の経過を診ていくことがあります。この患者さんの場合は、上顎側切歯が矮小歯ということで、スペースの閉鎖と噛み合わせの修正にあたり治療開始。
Diastema, which can be seen a gap at anterior teeth .
Since diastema tends to close naturally during mixed dentition term, how permanent molars' eruption goes follow-up
In this case, dwarf tooth is observed at maxillary lateral incosor so treatment started for space closure and correction of occlusion.

Z2.jpg
順次生えてきた犬歯もねじれて出てきました。
Cuspid was erupted crookedly.

治療後
This is after the treatment.
Z3.jpg
その他の裏側矯正は、こちらから↓
Please refer to website below for other lingual treatment cases.
http://sophia-blog.seesaa.net/category/5065020-1.html
posted by aizawa at 10:32 | 東京 ☁ | 舌側矯正症例写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
クリックしていただけると大変喜びます にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ